自分のしたい事、好きな事、為になる事を書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

生命の暗号

【531通目の手紙】

二人の息子へ

今日は「生命の暗号 (サンマーク文庫)」と言う本を紹介したい。


--------------------------------------------------------------------------
続きを読む前に、応援クリック人気blogランキングへをお願いします!
--------------------------------------------------------------------------

今から6年前、100キロウォークに初挑戦した時の話。
私はペース配分が分からず、がむしゃらに歩いたため、80キロ地点でヒザを痛めた。

一歩踏み出すごとに激痛が走り、また足の裏は肉刺だらけで、ふくらはぎもパンパン。
もう無理、リタイヤをしようと心が折れた時、携帯が鳴った。

妻と子供から応援の電話で、声を聞いた瞬間、涙がポロポロと。
そのお陰で「こんな経験はめったに出来ない。今を楽しもう」と心境が変化した。

すると不思議な事に、あれほど痛かったヒザが、気づいたらまったく痛くなくなっていた。
そして私は無事ゴール。あれはいったい何だったのだろうと、ずっと気になっていた。

実はその答えが「生命の暗号 (サンマーク文庫)」という本に書いてあった。

私たちの体は約六十兆個の細胞から出来ています。その一つ一つにすべて同じ遺伝子が組み込まれています。その一つの遺伝子に書かれた情報量は、もし本にした場合、一ページ千語で千ページの本三千冊分とのこと。気が遠くなる数字です。ところが実際にはたらいているのは、わずか五%程度で、その他はOFF状態らしいのです。そのOFF状態の遺伝子をONにする方法は、はつらつと前向きに生きること。「イキイキ、ワクワク」する生き方こそが、人生を成功に導き、幸せを感じるのに必要な遺伝子をONにしてくれます。



心で何をどう考えているかが、遺伝子のはたらきに影響を与えるとは驚きだ。

実はこの本、先日、工藤さんと言われる方の講演を聴いて知りました。
八年前、工藤さんは癌で余命一ヶ月と宣告されますが、一年後にはすべての癌が消える。

その時に出逢ったのがこの本とのこと。
自分の体が愛おしくなり、勇気付けられるおススメの本。

今日も一日に感謝。



------------------------------------------------------------------------
只今、ブログランキングに参加中、1クリックで1票が入るシステムです。
応援クリックは、こちら
人気blogランキングへです。
いつも、応援クリック、ありがとうございます!

------------------------------------------------------------------------

バックナンバーはこちら。

コメントや質問などございましたら、お気軽にどうぞ…。
大変打たれ弱いため、批判はご遠慮下さいね。


スポンサーサイト
2014-10-08 : 未分類 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

鷹の選択

【530通目の手紙】

二人の息子へ

お父さん、あと数ヶ月で50歳になります。人生すでに折り返ししています。
だからだろうか。最近よく思うことがある。

それは年相応に成長しているだろうか。子どもに誇れる親の背中を見せているだろうか。社会に貢献出来ているだろうか。これからどんな人生をおくっていくだろうか。と色々考えてしまう。

お父さんのまわりは人間性豊かな方が沢山おられるので、どうしたらああなれるのだろうかと憧れる。焦りもあるのかもしれない。

だから勉強のため講演会等には、なるべく出席するよう心がけている。そこで先日行った講演会で見た「鷹の選択」というビデオが、すごく感慨深いものがあった。

--------------------------------------------------------------------------
続きを読む前に、応援クリック人気blogランキングへをお願いします!
--------------------------------------------------------------------------

鷹は長生き出来る鳥としてよく知られています。鷹は最高70年生きられると言われていますが、このように長生きするためには約40年が過ぎた時に、重要な決断をしなければなりません。鷹は約40歳になると爪が弱くなり、獲物がうまく獲れなくなります。くちばしも長く曲がり胸につくようになります。羽も重くなり徐々に飛べなくなります。ここで鷹は2つの「選択」に置かれます。このまま死ぬ時期を待つのか。それとも苦しい自分探しの旅に出るのか。自分の変化の道を選んだ鷹は、まず山の頂上に行き巣を作ります。その後鷹はとても苦しい、いくつかの事をやり始めます。まずくちばしを岩で叩き壊しなくします。そうすると新しいくちばしが出てきます。それから出てきたくちばしで爪を一つずつはぎ取ります。そして新しい爪が生えてくると、今度は羽を一本ずつ抜きます。こうして半年が過ぎ、新しい羽が生えてきた鷹は新しい姿に変わります。そしてまた空に高く飛び上がり、残りの30年間を生きていきます。
ユーチューブ「鷹の選択」より前半を引用。



鷹にこのような生態があるかどうかは別として、考えさせられた。過去を振り返ると、誰にでもあの時勇気を出して良かったと思える出来事が、一つや二つあると思う。

お父さんの場合、今から12年前、勤めていた会社を退職して起業した時。まったくの畑違いだったので、お客様ゼロ、売上ゼロからのスタートだった。

資金も限られていたので、おのずと食事も節約した。当時、某ハンバーガーショップで、平日60円バーガーというキャンペーンをしていて、よくお世話になったものだ。

事務所には買いだめしたカップラーメンが山積みだった。営業に行くときはいつも自転車。実績が無いからなかなか商品が売れない。妊娠中の妻には順調としか言えず、最初の一年は本当に厳しかった。

決して順風満帆ではなかったが、どういうわけか楽しくもあった。うまく言えないが、変わっていく自分が嬉しかった。で最近思うが、本来変化とは楽しむべきものだと。苦しみも角度を変えて見ると楽しく見える。

もののとらえ方ひとつで、ずっと前向きになる。ワクワクするような変化には、いくつになっても挑戦したいと思う。

あと一つビデオで共感した事。それは、変化とは自分自身で起こすもの。じっと待っていても何も変わらないという事。4分間ほどの動画です。ぜひ見て欲しい。



今日も一日に感謝。

------------------------------------------------------------------------
只今、ブログランキングに参加中、1クリックで1票が入るシステムです。
応援クリックは、こちら
人気blogランキングへです。
いつも、応援クリック、ありがとうございます!とうございます!とうございます!

------------------------------------------------------------------------

バックナンバーはこちら。

コメントや質問などございましたら、お気軽にどうぞ…。
大変打たれ弱いため、批判はご遠慮下さいね。


2014-09-03 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

日本人独特の強さ

【529通目の手紙】

二人の息子へ

NHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」でイチロー選手の独占インタビュー「イチロー・4000本への道」が放送された。
これが釘付けになるほど素晴らしい番組でしたので書きたいと思う。

--------------------------------------------------------------------------
続きを読む前に、応援クリック人気blogランキングへをお願いします!
--------------------------------------------------------------------------

去年ニューヨークヤンキースに移籍したイチロー選手。
ところがバッティングの調子が上がらず、試合に出る機会が減る。

今までにない苦しいシーズンだったが、そんな状況下でも日米通算4,000本安打を達成。

イチロー選手曰く、「4,000本のヒットを打つには、僕の数字でいくと8,000回以上は悔しい思いをしてきているんですよね。それと常に自分なりに向き合ってきたこと、その事実はあるので誇れるとしたら、そこじゃないかと言うふうに思いますね」と。

イチロー選手は18歳の時、初めて受けたインタビューでバッティングについて「めちゃくちゃ楽しい」と答えていた。

しかしそれは子供と一緒で、草野球が楽しいと言うのと何ら変わりないと言う。
今同じ事を聞かれたら「何にも楽しくない」とのこと。

もちろん4,000本を達成した、その瞬間的は嬉しいし、満足感も達成感もある。

でもその10日後、9対1で勝っている試合でイチロー選手は先発メンバーを休ませるために代打で出る。

通常それは新人選手の役割なのに、4,000本を打ったイチロー選手がである。
この時の屈辱は一生忘れない、忘れてはいけないと。

このことはこの先、未来の僕を支えていくだろうと言われていた。
今までイチロー選手を支えてきたものは、いい結果では無く、それなりの屈辱なのだ。
大切なのは4,000本のヒットではなく8,000回の失敗なのだ。

またこんな話もあった。
イチロー選手の通訳兼トレーニングパートナーが、今年一番印象に残ったという出来事。

それは最後の試合162試合目。
もうヤンキースはプレーオフに出られないのが分かっていたので、ほとんどのベテラン選手は試合に出ていない。
スパイクも履かず、ユニフォームも着ていない。

そんな中、イチロー選手はいつでも行けるよう、いつものようにロッカーで素振りをして準備をしていた。
それを見てチームメイトは驚いたそうだ。

でもこれがイチロー選手である。
いつでもどんな時でもコンスタントにやり続けているからこそ、4,000本を達成したのではないかと言われていた。

お父さんは思うのです。
イチロー選手は少年野球の時代から変わっていない。

だから何ら特別な事をしている意識はないと思いう。
イチロー選手のその行動の中に、日本人独特の強さがあるような気がしてならない。

これは私たちのDNAにも脈々と受け継がれている。

拾った財布を交番に届ける。
電車でお年寄りや体の不自由な方に席を譲る。

深夜車の通りがまったく無くても、信号を守る。
野菜無人販売所の商売が成り立つのは、世界広しといえどもおそらく日本だけ。

誰かが見ているからでは無く、自然なんだ。
お父さんは日本人であることを誇りに思う。

日本には明るく元気な未来が待っている。

追伸
イチロー選手のバッターボックスで侍のような凛とした美しさ、時おり見せる子供のような笑顔。
このギャップが大好きだ。

今日も一日に感謝。

------------------------------------------------------------------------
只今、ブログランキングに参加中、1クリックで1票が入るシステムです。
応援クリックは、こちら
人気blogランキングへです。
いつも、応援クリック、ありがとうございます!とうございます!とうございます!

------------------------------------------------------------------------

バックナンバーはこちら。

コメントや質問などございましたら、お気軽にどうぞ…。
大変打たれ弱いため、批判はご遠慮下さいね。

2014-07-17 : 未分類 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

ゴールデンウィークの恒例行事

【528通目の手紙】

二人の息子へ

ゴールデンウィークはさすがにどこに行っても人、人、人。
分かっているのですが出かけてしまう。

せっかくの連休ですから。という事で、ご多分に漏れず、妹家族と友人家族でキャンプに行った。
その話を書きたいと思う。

--------------------------------------------------------------------------
続きを読む前に、応援クリック人気blogランキングへをお願いします!
--------------------------------------------------------------------------

この時期のキャンプと言えば、とって楽しい、食べて美味しい、潮干狩り。
狙うはアサリやハマグリではなく、マテ貝。

平川家のゴールデンウィーク恒例行事。
二泊三日で大分県の糸ヶ浜オートキャンプ場に行ってきた。



ここは遠浅の砂浜に面したオートキャンプ場。
はるか彼方の水平線まで見える景色には心癒される。

テントは広大な敷地に自由にはれる。
日中の日差しが強そうだったので、木陰に陣取る。

ひと息ついた後、干潮の時刻に合わせてマテ貝掘りのポイントへ。
マテ貝はおもに西日本で食用とされるようだ。

形は細長い茶色で、薄い殻を持っている。
普段は砂の中にひそんでいるが、潮が満ちてくると出てくる性質を利用して取る。

まずはクワで砂の表面を削ると、1センチほどの楕円の巣穴が見つかる。
場所が良ければ一度に10個ほど見つかる。



そこへ塩を入れてじっと待つと、ニョキ、ニョキと出てくるので、すかさずつかむ。
潮が満ちたと勘違いしたのか、塩分濃度の変化に驚いたのかは分からないが、その飛び出し方が出たり引っ込んだりとコミカル。

つかんだらゆっくりと抜き出しす。
キミたちは「きもーい、きもーい」と大騒ぎ。



大人も時間を忘れて夢中になったよ。
見た目は独特ですが、味に癖はない。
パスタにあえて頂きましたが、とても美味しかった。

その日の夜、子供が寝た後、大人は焚き火を囲んでお酒を飲んだ。
これがまたキャンプの楽しみでもある。

しばらくして、そろそろ寝ようかと、テントには妹家族とキミたちが寝て、お父さんとお母さんは少し離れた場所で車中泊をした。

前から車の中で寝てみたかったので楽しみにしていた。専
用マットも購入して準備万端。

ところが思わぬトラブルに。
車に盗難防止装置があるのをうっかり忘れていた。

朝起きて何気なく車内からドアを開けた。
すると装置が作動し大音量で「ピー、ピー」と鳴り出した。
静まり返った明け方のキャンプ場で。

あわてて外に出て、ドアロックをガチャガチャとしたら鳴り止んだが、いやー、参った。(汗)
朝ご飯を食べている時、「何か明け方、うるさかったねぇ」と。あっそれお父さんです。

翌日はお兄ちゃんとキス釣りをした。
5時間ほど粘ったが、釣れたのはわずか二匹。

大した会話はしなかったけど、普段感じることの出来ない幸せな時間だった。
キミたちはいつまで親と行動を共にしてくれるのだろうか。

そろそろ友達や部活を優先する年頃になる。
親離れは自立の第一歩。本当は喜ばしいことだろうけど、寂しいね。

今日も一日に感謝。

------------------------------------------------------------------------
只今、ブログランキングに参加中、1クリックで1票が入るシステムです。
応援クリックは、こちら
人気blogランキングへです。
いつも、応援クリック、ありがとうございます!

------------------------------------------------------------------------

バックナンバーはこちら。

コメントや質問などございましたら、お気軽にどうぞ…。
大変打たれ弱いため、批判はご遠慮下さいね。

2014-06-05 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

大会結果報告とお礼

【527通目の手紙】

二人の息子へ

第5回 糸島三都110キロウォーク。
大きなケガ、事故も無く、無事終了しホッとした。
今日はその大会結果報告と皆さまへのお礼を書きたいと思う。

--------------------------------------------------------------------------
続きを読む前に、応援クリック人気blogランキングへをお願いします!
--------------------------------------------------------------------------

一周55キロの糸島半島を二周する大会、糸島三都110キロウォーク。
5回目となる今年は、1114名が出場されました。
遠方からの参加者も多く、北は北海道、南は鹿児島県からもお越しになりました。

天候は12日が曇り、13日は深夜から雨が降り出し、時おり強く終日続きました。
そんな悪天候の中、完歩出来たのは469名で、完歩率は42%でした。
お陰様で大きなケガ、事故も無く、無事終了することが出来ました。

これからも参加者が110キロウォークを通じて、糸島のことが大好きになる、そんな大会を目指したいと思います。

開催に当たり格段のご支援・ご協力を賜わりました皆様方に、心より感謝を申し上げますとともに、来年も変わらぬご厚情を賜わりますよう、何卒宜しくお願い致します。

集合2

■開催日:2014年4月12日(土)~13日(日)
■天候:12日/曇り、13日/雨
■申込人数:1246名
■実際の参加人数:1114名
■完歩人数:469名(42.1%)
■県内、県外の申込人数:県内1073名(86.1%)、県外173名(13.9%)
■男女別の申込人数:男性933名(74.9%)、女性313名(25.1%)

今日も一日に感謝。

------------------------------------------------------------------------
只今、ブログランキングに参加中、1クリックで1票が入るシステムです。
応援クリックは、こちら
人気blogランキングへです。
いつも、応援クリック、ありがとうございます!

------------------------------------------------------------------------

バックナンバーはこちら。

コメントや質問などございましたら、お気軽にどうぞ…。
大変打たれ弱いため、批判はご遠慮下さいね。


2014-04-29 : 未分類 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

事故の無い安全な大会を目指したい

【526通目の手紙】

二人の息子へ

つくしがあちこちで顔を出し、春の足音が近づいて来た。
間もなく4月12日に糸島三都110キロウォークを開催される。

今回大会よりお父さんが実行委員長を務めることになった。
空いた時間を見つけては、あわただしく走り回っている。

--------------------------------------------------------------------------
続きを読む前に、応援クリック人気blogランキングへをお願いします!
--------------------------------------------------------------------------

早いもので、今年で第5回目となる。
思い出すと第1回目は、運営するお金がまったく足りずに大変だった。

そこでとった方法が、会議のたび実行委員から、1万円の徴収。
ボランティアなのに、よく文句も言わず出して頂けたものだ。

今ではすっかり笑い話に。
もちろん現在は全額お返ししている。

また参加者も第1回目は少なく、わずか101名。
それも知人に歩いてくれと、無理やりお願いして集めた人数。

しかし2回目からは大会を重ねるごとに増え続ける。
今回大会は前回大会と同じ、定員1000名で募集。

前回大会は定員に達するのに2ヶ月かかったが、今回大会は1ヶ月もかからなかった。
本当に有難いお話しだ。

聞いたお話しでは、ある会社は、新入社員の登竜門に位置づけされているらしい。
おそろいのTシャツを着て参加される団体もある。

また大会まで1ヶ月を切ると、大勢のウォーカーが、各地から糸島市へ練習に来られる。
皆さんの期待に沿えるよう、そして事故の無い安全な大会を目指したい。

今日も一日に感謝。

------------------------------------------------------------------------
只今、ブログランキングに参加中、1クリックで1票が入るシステムです。
応援クリックは、こちら
人気blogランキングへです。
いつも、応援クリック、ありがとうございます!

------------------------------------------------------------------------

バックナンバーはこちら。

コメントや質問などございましたら、お気軽にどうぞ…。
大変打たれ弱いため、批判はご遠慮下さいね。

2014-03-29 : 未分類 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop

第5回 糸島三都110キロウォークの申込が始まる

【525通目の手紙】

二人の息子へ

糸島三都110キロウォークの申込が始まった。
早いもので第5回目である。

今日はその話を書きたいとおもう。

--------------------------------------------------------------------------
続きを読む前に、応援クリック人気blogランキングへをお願いします!
--------------------------------------------------------------------------

糸島三都110キロウォークの申込が始まった。
早いもので第5回目である。

100キロ表

開催日:2014年4月12日(土)~13日(日)、雨天決行
スタート:正午12:00
制限時間:28時間
距離:110キロ(55キロのコースを2周)
申込定員:1,000名
申込期間:2014年1月10日(金)~3月15日(土)
参加費:5,000円(高校生以上)・2,000円(中学生以下)

参加資格
1. 小学5年生以上で健康に問題がない方。(持病者・薬服用者は医師の同意を得ること)
2. 20歳未満は保護者の同意を得ること。(ゼッケン引換書兼誓約書に保護者の署名・印が必要)
3. 中学3年生以下は保護者が全行程を同行すること。(リタイヤする場合、本人と保護者は同時にリタイヤする)
4. 歩行に障害がある方は介助者の同行が必要。(介助者は参加者本人で確保下さい)

1月30日時点で、すでに717名の申込があっている。

これは去年よりかなり早いペース。嬉しい限りです。m(__)m
お申込する前に必ず、 糸島三都110キロウォーク大会概要 をご確認下さい。

お問合せは、糸島市観光協会(092-322-2098)まで。

今日も一日に感謝。

------------------------------------------------------------------------
只今、ブログランキングに参加中、1クリックで1票が入るシステムです。
応援クリックは、こちら
人気blogランキングへです。
いつも、応援クリック、ありがとうございます!

------------------------------------------------------------------------

バックナンバーはこちら。

コメントや質問などございましたら、お気軽にどうぞ…。
大変打たれ弱いため、批判はご遠慮下さいね。

2014-01-30 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

上司の教えに感謝

【524通目の手紙】

二人の息子へ

先日、照明器具を買いに量販店に行った時の話を書きたいと思う。

--------------------------------------------------------------------------
続きを読む前に、応援クリック人気blogランキングへをお願いします!
--------------------------------------------------------------------------

「お父さん、ちょっと来て」息子に呼ばれ子供部屋へ。
すると天井照明がチカチカと点滅している。

「玉切れやん」蛍光灯を取り替えてみたが、症状は変わらない。
「もう10年以上使っとるけん、本体の寿命やね」と言うわけで、翌日、妻と家電量販店に買いに行くことに。

照明コーナーには、カラフルな天井照明がいくも展示されていて、その中でも子供部屋にあいそうな、淡い色の照明が目に留まる。

「これいいんじゃない」と妻。
価格も予算内で、省エネタイプ。

このタイプは電気代が安く、さらに蛍光灯が長持ちするとのこと。
しかしよく見ると在庫のカードがない。

無いと余計に欲しくなる。
店員さんに尋ねようとフロアを見渡すと、奥の方で二人の店員さんが雑談していた。

声をかけると、一人が無表情で歩いてきた。
「これが欲しいのですが」
「あー、すみません。こちらは在庫切れですね」

そう言って去って行った。
えっ、それだけ?
そんなこと、見れば分かるし。

あきらめて他店に行こうとした時、別の店員さんが声をかけてきた。
「何かお探しですか」
あきらかに先ほどの人と第一印象が違う。

「欲しいのがあったんですけど、在庫が無いようなんです」
「お調べいたしますので、少々お待ち下さい」
待つこと2、3分。

「申し訳ございません。やはり在庫切れのようです。しかも製造中止されていますので、注文も出来ません。あるのはこの展示品だけですね…」

「この展示品でもいいですよ」と私。
こちらとしても、他店をまわらずに済むし、梱包されているダンボールの処分をしなくていいので、むしろ助かる。

結局、さらに値引きをして頂いた上、予備の蛍光灯までもらった。
商品を売れ残りとして処分するのか、それとも販売するのか。

店員さんによって、こうも結果が変わるんだね。
会社にとって、天と地ほどの差。

そう言えば、今から26年前になりますが、私が新入社員だった頃のこと。
当時の上司から、いつも口酸っぱく、言われていたことがある。

「経営者の発想になれ」と。
つまり仕事をしていると、色々な場面に遭遇する。

そんな時、自分が経営者だったらどう対応(判断)するだろうかと、常にイメージをしなさいと教え込まれた。

あの頃はピンと来ていなかったが、今ならよく理解できる。
帰り道、ふとそんな事を思い出した。

初めての上司の言葉は、今でもよく覚えているものですね。

今日も一日に感謝。

------------------------------------------------------------------------
只今、ブログランキングに参加中、1クリックで1票が入るシステムです。
応援クリックは、こちら
人気blogランキングへです。
いつも、応援クリック、ありがとうございます!

------------------------------------------------------------------------

バックナンバーはこちら。

コメントや質問などございましたら、お気軽にどうぞ…。
大変打たれ弱いため、批判はご遠慮下さいね。

2013-12-31 : 未分類 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

別れは辛いが、楽しいボランティア

【523通目の手紙】

二人の息子へ

先日、イエティとマーチがやってきた。
これは盲導犬のボランティアのこと。

今日はその話を書きたいとおもう。

--------------------------------------------------------------------------
続きを読む前に、応援クリック人気blogランキングへをお願いします!
--------------------------------------------------------------------------

先日、イエティとマーチがやってきた。
これは盲導犬のボランティアのこと。

masaki
とても賢いイエティ

将来盲導犬として訓練を受ける仔犬を、約1歳になるまで育てるボランティアのこと。
現在はショートステイをしている。

これは10日間ほどの短期間をあずかるボランティア。
盲導犬協会での飼育が手一杯になった時、うちが一時的に引き受ける。

先日もパピーの「イエティ」と繁殖犬の「マーチ」が、1週間交代でやってきた。
環境が変わっても、すぐに慣れるようで、打ち解けるのも早い。

やんちゃな子、寝てばかりの子、寂しがりやの子、性格も様々。
でも共通しているのは、人間が大好きということ。

短期間とは言え、情が移ることもあり、別れは辛いですが、楽しいボランティアである。

今日も一日に感謝。

------------------------------------------------------------------------
只今、ブログランキングに参加中、1クリックで1票が入るシステムです。
応援クリックは、こちら
人気blogランキングへです。
いつも、応援クリック、ありがとうございます!

------------------------------------------------------------------------

バックナンバーはこちら。

コメントや質問などございましたら、お気軽にどうぞ…。
大変打たれ弱いため、批判はご遠慮下さいね。

2013-11-25 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

第15回 行橋~別府100キロウォークを振り返って

【522通目の手紙】

二人の息子へ

先日、行橋~別府100キロウォークに行ってきた。
今日はその話を書きたいと思う。

--------------------------------------------------------------------------
続きを読む前に、応援クリック人気blogランキングへをお願いします!
--------------------------------------------------------------------------

第15回目となる今大会は、四千五百名の定員に対して、六千五百名の応募があったらしい。ラッキーにも友人3名とも当選し、4名での参加となる。

100-3

スタート前の開会式でのこと。選手宣誓をしたのは、参加者で最高齢の方、なんと93歳の女性。
これには会場もどよめく。
「100キロウォークで彼氏を探したいです。ただし私のタイプは年上の人です」
と可愛らしいコメントを。いくつになっても、こう言える人でありたい。

今大会の目標は自己ベストの更新。しかし昨年の感想文を読むと「ふくらはぎはつりそうだし、足の裏はマメが破けて痛いし、腰は砕けそうで、本当に気が遠くなりそう」と書いてある。きっとタイムの更新は並大抵の事ではないはず。

そこで3つの作戦を立てることにした。まずはチェックポイント毎の通過時刻を、一分単位で綿密に計画する。前半を時速6.3キロ、後半を5.6キロで立てる。少々速いがどうにかなるだろう。

2つ目はスタートの位置。なるべく前の方からスタートすることにした。でないと途中のトイレで5、6名が並び、時間がロスするから。1分のロスで、百メートル差がつくので無視出来ない。

3つ目に財布の中身。競技中は4本ペットボトルを飲む。これも時間のロスを考え、コンビニで無く自動販売機で購入する。そしてその分の小銭を、あらかじめ用意しておく。千円札を入れると、お釣りがチャリン、チャリンと出る時間がもったいないから。

さていよいよスタート。前から200番目位の好位置をキープ。12時2分にゲートをくぐる。自分よりちょい速めの人をペースメーカーに見立て、ぴったりと付いて行く。いつもより足の裏は熱いものの、タイムは順調。あらかじめ購入していたパンを、歩きながら食べる。

そして40キロを過ぎた頃、ペットボトルを購入しようと、財布から100円玉と50円玉を取り出す。2枚のコインを握りしめて歩くものの、なかなか自動販売機が見つからない。やっとあったのがクモの巣がはって、小さな虫の死がいがある、古ぼけたもの。100円玉に続けて50円玉を入れる。すると案の定、50円玉だけ何回入れても感知してくれず、返却口にカランと戻ってくる。仕方なく千円札を入れると、こちらもベーっと吐き出される。後ろから次々に抜かれ、あわてる。あぁ、せっかくの作戦がぁぁぁ、みごとに失敗。

気を取り直し、ロスタイムを挽回すべく、スピードを上げる。今度は夜中の1時頃、眠くてボーっとしていたせいか、何度も歩いている道なのに、コースを間違えてしまった。幸いにも三十メートルほど過ぎたところで気づく。すぐさまコースに戻ろうと振り返ると、なんと10名ほどのウォーカーの皆さんが、つられて後ろに。「すみませーん」「いいよ、いいよ」と。あの時間帯でのコースアウトは辛かったはず。本当に申し訳なかったです。

事前に計画を立てても、うまくいかないから、きっと楽しいのだろう。
さて結果は17時間36分だった。わずかだが10分の更新が出来た。妻は半分あきれているが、当分やめられそうにないなぁ。(笑)

最後になりますが、実行委員、スタッフの皆さまには、交通整理、食事支給、そしてゴミの処理までと大変お世話になりました。ありがとうございました。この大会がいつまでも続くことを心より願います。

【ゴール会場から見える朝日】
100-4

今日も一日に感謝。

------------------------------------------------------------------------
只今、ブログランキングに参加中、1クリックで1票が入るシステムです。
応援クリックは、こちら
人気blogランキングへです。
いつも、応援クリック、ありがとうございます!

------------------------------------------------------------------------

バックナンバーはこちら。

コメントや質問などございましたら、お気軽にどうぞ…。
大変打たれ弱いため、批判はご遠慮下さいね。

2013-10-25 : 未分類 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

平川

Author:平川


更新日:不定期(週1くらいかな)

【このブログは】
自分のしたい事、好きな事、為になる事を、二人の息子へ語りかける口調で書いています。

【もくじ】
過去に書いた手紙の一覧

【二人の息子へ】
なぜ手紙を書こうと思ったのか?

【プロフィール】
専門学校を卒業後、カラオケ機器の商社へ入社。平成14年に独立し、IT会社を興す。現在、福岡県在住。

【所属】
福岡県中小企業家同友会糸島支部
福岡県伊都倫理法人会

【好きなもの】
・100キロウォーク
・ランドナー
・魚釣り
・キャンプ
・温泉地めぐり
・音楽(パンクが好きな親父)

【嫌いな人】
電車でお年寄りや体の不自由な方に、席を譲らない人。

【家族】
嫁1人、子供2人の4人家族。
・竜之介(H12.10月生)
・凌太郎(H14.7月生)

【相互リンク】
相互リンクご希望の方は、コメント欄にご記入下さいませ。

【メール】
hirakawa@asam.jp

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去ログ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。