自分のしたい事、好きな事、為になる事を書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

飛び込み営業は、まず頭の中を真っ白にする。

【113通目の手紙】

112通目の手紙では、「営業の基本は飛び込み営業にある。」と書いた。
で、この飛び込み営業、経験した人なら分かるが、精神的にかなり疲れる。

なぜ、精神的に疲れるのか。
それは、飛び込んだ先に、どんな人がいるのか分からないから。
うまく話せるだろうかと不安になり、精神的に疲れる。

で、意外と気づいてないが、立派な門(玄関)は、その不安に拍車をかける。
立派な門になればなるほど精神的に圧倒され、不安が高まっちゃうんだね。
お父さんも若い頃そうだったからよく分かる。

そんな時、どうしたらいいか。
今日の手紙は、その克服法について書くとするよ。

--------------------------------------------------------------
続きを読む前に、応援クリック( 人気blogランキングへ )をお願いします!
--------------------------------------------------------------

飛び込み営業は、精神的にかなり疲れる。
それは、飛び込んだ先に、どんな人がいるか分からないから。

その証拠に、顧客先へのルート営業であれば、そんなに疲れないだろう。
それだけ飛び込み営業は、体中の全神経がフル回転しているんだ。

で、いざ飛び込もうとした時、門(玄関)の前で足がすくむときがある。
それは、立派な門や豪華な門になればなるほど。
その門構をみて、色々な事を想像しすぎちゃうんだね。

話なんか聞いてくれない、きっと門前払いだ、怖い人が出てきそう、怒られそう、こんな立派な所に飛び込むなんて笑われないだろうか、常識が無いと見下されないか…など。

つまり、立派な門=自分なんか相手にもしてくれない、という虚像を作ってしまう。
(実際に飛び込むと、そんなことは無く、むしろその逆が多いんだけどね。)
これでは、マイナスイメージがどんどん膨らんでいく。

で、そんな時は、どうしたらいいか。

原因は、門(玄関)の前で考えすぎる事。
であれば、答えは簡単。
考えない事だ。

門の前に立ち、ドアを開け中に入るまで、一切なにも考えず、頭の中を真っ白にする。
とりあえず真っ白にする。

うまく話せるだろうか、どんな風に話を切り出そうか。
そんなことを考えるのは、すべて中に入ってから。

いいかい、門の前で足がすくんだときは、間違いなく何かを考えている証拠だ。
そんな時は、何も考えず、頭の中を真っ白にして、飛び込むといいよ。

今日も一日に感謝。

-----------------------------------------------------
只今、ブログランキングに参加中。
1クリックで1票が入るシステムです。
「この手紙は参考になった。」と思った方は、クリックをお願いします。
応援クリックは、こちら( 人気blogランキングへ )です。
いつも、応援クリック、ありがとうございます!
-----------------------------------------------------

バックナンバーはこちら。

コメントや質問などございましたら、お気軽にどうぞ…。
なお、コメントへのご返信は、ブログへ訪問していたします。
平川は、大変打たれ弱いため、批判はご遠慮下さいね。



更新日:週2回(月曜、木曜)
スポンサーサイト
2007-06-28 : 未分類 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

平川

Author:平川


更新日:不定期(週1くらいかな)

【このブログは】
自分のしたい事、好きな事、為になる事を、二人の息子へ語りかける口調で書いています。

【もくじ】
過去に書いた手紙の一覧

【二人の息子へ】
なぜ手紙を書こうと思ったのか?

【プロフィール】
専門学校を卒業後、カラオケ機器の商社へ入社。平成14年に独立し、IT会社を興す。現在、福岡県在住。

【所属】
福岡県中小企業家同友会糸島支部
福岡県伊都倫理法人会

【好きなもの】
・100キロウォーク
・ランドナー
・魚釣り
・キャンプ
・温泉地めぐり
・音楽(パンクが好きな親父)

【嫌いな人】
電車でお年寄りや体の不自由な方に、席を譲らない人。

【家族】
嫁1人、子供2人の4人家族。
・竜之介(H12.10月生)
・凌太郎(H14.7月生)

【相互リンク】
相互リンクご希望の方は、コメント欄にご記入下さいませ。

【メール】
hirakawa@asam.jp

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去ログ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。