自分のしたい事、好きな事、為になる事を書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

出店よりも撤退の方がはるかに難しい。

【204通目の手紙】

2人の息子へ

出店する、しないは、出店基準をもとに判断する。
その逆で撤退する場合も同じ。
撤退する、しないは、撤退基準をもとに判断する。

しかし出店基準はあっても、撤退基準を設けている会社は意外と少ない。
お父さんは思うが、実は出店基準よりも、この撤退基準の方が会社にとっては重要だ。

今日はそんな話を書きたいと思うよ。

--------------------------------------------------------------
続きを読む前に、応援クリック( 人気blogランキングへ )をお願いします!
--------------------------------------------------------------

なぜ出店基準よりも撤退基準の方が、会社にとって重要なのか。
それは、出店はプラスの作業、撤退はマイナスの作業だからなんだ。

店舗や支店を出すのは、事業を拡大するため。
出店基準にクリアしているので勝算も十分にあるはず。

だから出店のゴーサインを出すのは、そう難しくない。
会社にとってプラスになる作業だから判断も早い。

おそらく社内も活気にあふれ、飛ぶ鳥も落とす勢いだろう。

問題は、撤退する場合。
売り上げが、ある基準を下回ると、この撤退基準にひっかかる。

黒字化が無理だと思ったら、一日も早く撤退するべきだが、これが中々出来ないんだ。
と言うのも、ある程度の投資をしているため、損切りを決断出来ない。

また人を雇っている場合、辞めて頂くこともあるだろう。
そうなると、なおさら決断が遅れる。

あと6ヶ月、いやあと3ヶ月頑張れば、きっと黒字化するはずと問題を先送りする。
その結果、累積赤字がどんどん膨らんでいく。

こうなってしまうと、会社の基盤を揺るがしかねない。
だから撤退の場合は、撤退基準に基づき感情を入れず機械的に決断するようにする。

以上が出店基準よりも、撤退基準の方が会社にとっては重要だと思う理由なんだ。

前職の時、お父さんの上司が言っていたよ。
経営者の判断は、出店よりも撤退の方がはるかに難しい。

ほとんどの経営者は、撤退の判断が遅い。
だから会社が窮地に追い込まれるんだと。

今日も一日に感謝。

-----------------------------------------------------
只今、ブログランキングに参加中。
1クリックで1票が入るシステムです。
「この手紙は参考になった。」と思った方は、クリックをお願いします。
応援クリックは、こちら( 人気blogランキングへ )です。
いつも、応援クリック、ありがとうございます!
-----------------------------------------------------

バックナンバーはこちら。

コメントや質問などございましたら、お気軽にどうぞ…。
平川は、大変打たれ弱いため、批判はご遠慮下さいね。
(最近なかなか返事が書けずに申し訳ございません)



更新日:週2回(月曜、木曜)
スポンサーサイト
2008-05-29 : 未分類 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

平川

Author:平川


更新日:不定期(週1くらいかな)

【このブログは】
自分のしたい事、好きな事、為になる事を、二人の息子へ語りかける口調で書いています。

【もくじ】
過去に書いた手紙の一覧

【二人の息子へ】
なぜ手紙を書こうと思ったのか?

【プロフィール】
専門学校を卒業後、カラオケ機器の商社へ入社。平成14年に独立し、IT会社を興す。現在、福岡県在住。

【所属】
福岡県中小企業家同友会糸島支部
福岡県伊都倫理法人会

【好きなもの】
・100キロウォーク
・ランドナー
・魚釣り
・キャンプ
・温泉地めぐり
・音楽(パンクが好きな親父)

【嫌いな人】
電車でお年寄りや体の不自由な方に、席を譲らない人。

【家族】
嫁1人、子供2人の4人家族。
・竜之介(H12.10月生)
・凌太郎(H14.7月生)

【相互リンク】
相互リンクご希望の方は、コメント欄にご記入下さいませ。

【メール】
hirakawa@asam.jp

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去ログ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。