自分のしたい事、好きな事、為になる事を書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

100キロウォークの感想文集が届いた。

【271通目の手紙】

2人の息子へ

100キロウォークの感想文集が届いた。
これは大会後、参加者が感想文を送り、それをまとめたもの。

感想文を書く書かないは自由だが、感想文集は参加者全員に送られてくる。
今日はその話を書きたいと思う。

--------------------------------------------------------------
続きを読む前に、応援クリック( 人気blogランキングへ )をお願いします!
--------------------------------------------------------------

100キロウォークの感想文集が届いた。
お父さんも感想文を送ったので、もちろん文集に入っていたよ。

で、驚いたのはその感想文集が、あまりにも立派だったこと。
学生の時に作った卒業文集をイメージしていたが、まったく違った。

ページ数にして579ページ、厚さにして2cm以上もあったよ。
紙なんかも上質を使ってあるし、写真にいたってはカラーだからね。

さらにスナップ写真が7枚も同封してあったんだ。
いつ撮られたか分からないが、これは実行委員の方が撮って頂いたもの。

2400名の参加だから、単純計算でも16800枚の写真があったことになる。
これをゼッケンだけを頼りに仕分けされたのだろうね。
想像しただけでも気の遠くなる作業だ。

本当に代表の川本さんをはじめ、実行委員の皆様には感謝だね。
この感謝の気持ちは、ほとんどの方が感想文に書かれていた。

で、感想文を読みながら1つ気づいたことがあるんだ。
この大会には全国から参加者が集まる。
遠くは関東地区や東海地区からも。

実行委員の皆さんは、“おもてなしの心”で運営されたのではなかろうかと。
本当にありがたいことだね。
民間主催の大会で、ここまでバックアップが行き届いた大会は無いと思う。

参加者は、実行委員さんのそのおもてなしの心に答えなくてはいけない。
それは記録とか完歩とかじゃないと思う。
一人ひとりがルールを守り、ベストを尽くすことだと思うんだ。

また収支報告書まで公開されていたが、とても好感が持てた。
これも代表の川本さんの人柄だろうね。
いつの日かお会いできたら、じっくりとお話を聞かせて頂きたいな。

今日も一日に感謝。

-----------------------------------------------------
只今、ブログランキングに参加中。
1クリックで1票が入るシステムです。
「この手紙は参考になった。」と思った方は、クリックをお願いします。
応援クリックは、こちら( 人気blogランキングへ )です。
いつも、応援クリック、ありがとうございます!
-----------------------------------------------------

バックナンバーはこちら。

コメントや質問などございましたら、お気軽にどうぞ…。
大変打たれ弱いため、批判はご遠慮下さいね。
(最近なかなか返事が書けずに申し訳ございません)



更新日:週2回(月曜、木曜)
スポンサーサイト
2009-01-29 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

平川

Author:平川


更新日:不定期(週1くらいかな)

【このブログは】
自分のしたい事、好きな事、為になる事を、二人の息子へ語りかける口調で書いています。

【もくじ】
過去に書いた手紙の一覧

【二人の息子へ】
なぜ手紙を書こうと思ったのか?

【プロフィール】
専門学校を卒業後、カラオケ機器の商社へ入社。平成14年に独立し、IT会社を興す。現在、福岡県在住。

【所属】
福岡県中小企業家同友会糸島支部
福岡県伊都倫理法人会

【好きなもの】
・100キロウォーク
・ランドナー
・魚釣り
・キャンプ
・温泉地めぐり
・音楽(パンクが好きな親父)

【嫌いな人】
電車でお年寄りや体の不自由な方に、席を譲らない人。

【家族】
嫁1人、子供2人の4人家族。
・竜之介(H12.10月生)
・凌太郎(H14.7月生)

【相互リンク】
相互リンクご希望の方は、コメント欄にご記入下さいませ。

【メール】
hirakawa@asam.jp

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去ログ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。