自分のしたい事、好きな事、為になる事を書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

なぜ結論が先だと内容が容易に理解できるのか。

【110通目の手紙】

109通目の手紙では、次のことを書いた。

文章も会話も結論が先。
結論を述べた後、その説明をする。
結論を述べずして、いきなり説明から入ってはいけない。

特にビジネスではこれが重要なんだ。
結論を先に述べると、聞き手は、内容を容易に理解できる。

では、なぜ、結論を先に述べると、聞き手は、内容を容易に理解できるのか?
今日は、そのことについて書くとするよ。

--------------------------------------------------------------
続きを読む前に、応援クリック( 人気blogランキングへ )をお願いします!
--------------------------------------------------------------

文章も会話も結論が先。
何を書きたいのか、何を話したいのか、まず先に結論から述べる。

その方が誤解なく伝わるし、言いたい事も容易に理解してもらえる。
このことは、108通目の手紙でも紹介した、倉島保美氏の著書、「書く技術・伝える技術―一読理解、誤解なし!仕事の効率がぐんぐん上がる!!1発でできるSUPERラーニング」に分かりやすく書かれている。(以下引用)

内容を容易に理解できる

冒頭に、これから何を述べるかが書いてあれば文章を読み進もうとする読み手が、内容を容易に理解できます。なぜなら、冒頭を読むことで、関連情報を活性化して、文章の展開を予測でき、しかも文章がそのとおりに展開されるからです。つまり、メンタルモデルが理解の処理を高速化するのです。したがって、一読で内容を誤解なく理解できます。

一方、いきなり詳細な説明から始まっていると、読み手に負担がかかります。読み手は、書き手が何を言わんとしているのか、常に考えながら読み進まなければなりません。さらに、今読んでいる説明の全体における位置づけもわかりませんし、その説明がいつ終わるかもわかりません。疑問だらけで文章を読みすすまなければならないのです。

このことは、道順を教わっている状況を思い浮かべれば理解できます。あなたが市役所までの道のりを尋ねたとしましょう。そのとき、次のように道を教えてくれたとしたら、あなたは市役所までたどり着けるでしょうか。
「この道をまっすぐ行って、二つ目の交差点を右に折れ、最初の信号を左に、そのまま直進して二股を左に進んで…」
説明を聞きながら、あなたは頭の中で、いろいろなことを考えるでしょう。

「つまるところ、目的地はどのへんにあるのか?」
「今説明しているところは全工程のどのあたりだろうか?」
「この後いったい、何回交差点を曲がるのだろうか?」

一方、もし、道を教えてくれる人が次のような総論を言ってくれたら、ずっと聞きやすいことでしょう。
「市役所でしたら、こっちの方向に歩いて10分くらいですよ。交差点を4回曲がります。まずこの道を…」

※メンタルモデル:人が頭の中につくる自分の世界のこと。





どうだい?
相手に意思を伝えるという事は、簡単なようで難しいだろう。

言いたい事が上手く伝わらない場合、発信者と受信者、どちらに非があるか。
お父さんは、発信者だと思うんだ。

理解できない受信者にではなく、理解できるように言えない発信者に非があると思う。
コミュニケーションって難しいね。

倉島保美氏の著書、「書く技術・伝える技術―一読理解、誤解なし!仕事の効率がぐんぐん上がる!!1発でできるSUPERラーニング」は、ビジネスライティングが身につく良書だ。
一度読んでみないかい。

今日も一日に感謝。

-----------------------------------------------------
只今、ブログランキングに参加中。
1クリックで1票が入るシステムです。
「この手紙は参考になった。」と思った方は、クリックをお願いします。
応援クリックは、こちら( 人気blogランキングへ )です。
いつも、応援クリック、ありがとうございます!
-----------------------------------------------------

バックナンバーはこちら。

コメントや質問などございましたら、お気軽にどうぞ…。
なお、コメントへのご返信は、ブログへ訪問していたします。
平川は、大変打たれ弱いため、批判はご遠慮下さいね。



更新日:週2回(月曜、木曜)
2007-06-18 : 未分類 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

了解しました!
2007-06-18 19:18 : サブロー URL : 編集
団塊世代のつれづれ
今回も、楽しく読まさせて頂きました。

人にものを伝える順の大切が改めて分かりました。
なるほど、納得です。

私のブログを相互リンクして頂き、また感謝です。

応援クリック!
2007-06-19 10:26 : wecoms URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

平川

Author:平川


更新日:不定期(週1くらいかな)

【このブログは】
自分のしたい事、好きな事、為になる事を、二人の息子へ語りかける口調で書いています。

【もくじ】
過去に書いた手紙の一覧

【二人の息子へ】
なぜ手紙を書こうと思ったのか?

【プロフィール】
専門学校を卒業後、カラオケ機器の商社へ入社。平成14年に独立し、IT会社を興す。現在、福岡県在住。

【所属】
福岡県中小企業家同友会糸島支部
福岡県伊都倫理法人会

【好きなもの】
・100キロウォーク
・ランドナー
・魚釣り
・キャンプ
・温泉地めぐり
・音楽(パンクが好きな親父)

【嫌いな人】
電車でお年寄りや体の不自由な方に、席を譲らない人。

【家族】
嫁1人、子供2人の4人家族。
・竜之介(H12.10月生)
・凌太郎(H14.7月生)

【相互リンク】
相互リンクご希望の方は、コメント欄にご記入下さいませ。

【メール】
hirakawa@asam.jp

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去ログ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。