自分のしたい事、好きな事、為になる事を書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

緊張する前に営業させる。

【114通目の手紙】

飛び込み営業をすると、立派な門に圧倒されることがある。
そんな時は、ドアを開け中に入るまで一切なにも考えず、頭の中を真っ白にするといい。
そう、113通目の手紙では書いた。

でもね、新入社員の頃は、それがなかなか出来ないんだね。
緊張しすぎて、自分の感情を上手くコントロール出来ないんだ。

これを教える良い方法はないものか。
お父さんには、彼らを一人前の営業マンに育てる役目があったので、色々考えた。

そして、ある方法を思いついたんだ。
今日の手紙は、そのことを書きたいと思う。

--------------------------------------------------------------
続きを読む前に、応援クリック( 人気blogランキングへ )をお願いします!
--------------------------------------------------------------

お父さんの仕事の1つに、新入社員の教育があった。
短期間で一人前の営業マンに育てなくてはいけないんだ。

まず、取扱商品の基本的な性能を覚える。
そして、それが終わったら、現場での実践となる。
いきなり1人での営業ではなく、まずは、ベテランの営業マンと同行営業をするんだ。

同行営業とは、ベテラン営業マンにくっついて、2人で営業をすること。
営業トークや雰囲気がつかめるため、新人にとっては大変勉強になる。

もちろん、営業をするのはベテランの方。
新人はそれを後ろから見るだけ。
だから、緊張はしていない。
むしろ楽しそうですらある。

そこで、そのタイミングを見計らって、いきなり営業をさせるんだ。

つまり、こう言うこと。
立派な門(玄関)の前に立つ。
当然、新人はベテランの営業マンが先に入っていくと考えている。

そこで、いきなりこう言う。
「はい、今度は君が営業してみて。」

もちろん、新人はとまどう。
とまどうが、「早く、早く、フォローするから中に入って。」と急かす。

新人は、緊張するひまも無く、頭の中は真っ白な状態で飛び込むこととなる。
が、これが意外と上手に出来ちゃうんだ。

「今日は君にも営業してもらうぞ。」と事前に予告していたら、こうはいかないと思う。
朝から緊張しっぱなしで、きっと舞い上がるだろうね。

営業とは緊張するもの。
「ドアを開け中に入るまで一切なにも考えず、頭の中を真っ白にして飛び込みなさい。」と言っても、なかなか新人にはコントロール出来ない。

であれば、緊張する前に営業させる。
お父さんも新人の頃、この方法で、上司から育ててもらった。
とってもいい方法だよ。

今日も一日に感謝。

-----------------------------------------------------
只今、ブログランキングに参加中。
1クリックで1票が入るシステムです。
「この手紙は参考になった。」と思った方は、クリックをお願いします。
応援クリックは、こちら( 人気blogランキングへ )です。
いつも、応援クリック、ありがとうございます!
-----------------------------------------------------

バックナンバーはこちら。

コメントや質問などございましたら、お気軽にどうぞ…。
なお、コメントへのご返信は、ブログへ訪問していたします。
平川は、大変打たれ弱いため、批判はご遠慮下さいね。



更新日:週2回(月曜、木曜)
2007-07-02 : 未分類 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

団塊世代のつれづれ
そこで、いきなりこう言う。
「はい、今度は君が営業してみて。」

新人は、「えー」と驚き、頭が真っ白な内に、飛び込み営業をやり終えて、門の外に出て、ホット一安心して、やり終えた充実感と、これで良かったかと心配顔が入り混じる。

そんな光景が浮かびます。

応援ポッチ!
2007-07-02 10:02 : wecoms URL : 編集
なるほど。
初めて聞く方法です。
上司と同行営業すると、どうしても上司に任せてしまうので、緊張感はあまりなかったです。
良い方法ですね。
2007-07-02 20:10 : サブロー URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

平川

Author:平川


更新日:不定期(週1くらいかな)

【このブログは】
自分のしたい事、好きな事、為になる事を、二人の息子へ語りかける口調で書いています。

【もくじ】
過去に書いた手紙の一覧

【二人の息子へ】
なぜ手紙を書こうと思ったのか?

【プロフィール】
専門学校を卒業後、カラオケ機器の商社へ入社。平成14年に独立し、IT会社を興す。現在、福岡県在住。

【所属】
福岡県中小企業家同友会糸島支部
福岡県伊都倫理法人会

【好きなもの】
・100キロウォーク
・ランドナー
・魚釣り
・キャンプ
・温泉地めぐり
・音楽(パンクが好きな親父)

【嫌いな人】
電車でお年寄りや体の不自由な方に、席を譲らない人。

【家族】
嫁1人、子供2人の4人家族。
・竜之介(H12.10月生)
・凌太郎(H14.7月生)

【相互リンク】
相互リンクご希望の方は、コメント欄にご記入下さいませ。

【メール】
hirakawa@asam.jp

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去ログ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。