自分のしたい事、好きな事、為になる事を書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

お客は、なんとなく買わなくなる。

【18通目の手紙】

まだまだ日中は暑いけど、朝夕はめっきり涼しくなった。
10匹いたカブトムシも3匹に減っちゃった。
もう、秋だね。

さて、17通目の手紙では、「売る側の勝手な思い込み。」を書いた。
売る側と買い手側には、時として大きな誤解を生じることがあるとね。

だから、売れない理由が分からないんだ。
お互いの歯車が噛み合っていないから、ちぐはぐな対応をしてしまう。
こうなると、何がなんだか分からなくなってしまう。

それで、お父さんも昔はよく失敗したよ。
そこで今日は、よくある「売る側の勝手な思い込み。」を書きたいと思う。

想像してごらん。
あるお客がいる。
そのお客は、その商品の品質に満足している。
値段にも満足している。
これといって、クレームもない。
したがって、このお客は、この商品を継続して買い続けたいと思っている。

にもかかわらずだ。
ある日突然、そのお客は、買わなくなることがある。
別に他社製品を買い始めたわけじゃない。

なぜだと思う…?


答えは、“なんとなく”だ。

そう、なんとなく買わなくなる。
商品に満足しているのに、ある日突然、なんとなく買わなくなるお客がいる。

「なぜ?満足しているのなら、買い続けるはずだろう。」
当然、売り手側は、そう思ってしまう。

これは、健康食品によくある話。
気がついたら、いつの間にか、買うのをやめていた。というケース。
他にも、昔はよく行っていた居酒屋に、気がついたら行かなくなっていた。なんてこともよくある。
「あー、そう言えば、最近行かなくなったね。」みたいな感じだ。

別にその商品や会社(居酒屋)が嫌いになったわけじゃない。

理由は、“なんとなく”。

ある一定のお客は、これが理由で顧客流失しちゃうんだ。

売り手側は、あせるあまり、「勝手な思い込み。」で、間違った対応をしてしまう。
よくある対応が、値段を落とす。
お客が買わなくなったのは、きっと値段が高いからなんだと思い込み、あわてて値段を落としてしまう。

しかし、残念だけど、お客が買わなくなったのは、値段が高いからじゃないんだよね。

「じゃ、どうしたらいい?その対応策は?」

実践マーケッターの神田昌典氏によると、「お客とつながりを持ちつづけることが重要だ。」との事。

次回の手紙には、その具体的な対応策を書きたいと思う。

-------------------------------------------------------
ブログランキングに参加中です。
「この手紙は面白かった。」と思った方は、応援クリックをお願いします!
昨日は57位。 さて、今日は何位? → ランキングを見てみる。
-------------------------------------------------------
2006-09-06 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

平川

Author:平川


更新日:不定期(週1くらいかな)

【このブログは】
自分のしたい事、好きな事、為になる事を、二人の息子へ語りかける口調で書いています。

【もくじ】
過去に書いた手紙の一覧

【二人の息子へ】
なぜ手紙を書こうと思ったのか?

【プロフィール】
専門学校を卒業後、カラオケ機器の商社へ入社。平成14年に独立し、IT会社を興す。現在、福岡県在住。

【所属】
福岡県中小企業家同友会糸島支部
福岡県伊都倫理法人会

【好きなもの】
・100キロウォーク
・ランドナー
・魚釣り
・キャンプ
・温泉地めぐり
・音楽(パンクが好きな親父)

【嫌いな人】
電車でお年寄りや体の不自由な方に、席を譲らない人。

【家族】
嫁1人、子供2人の4人家族。
・竜之介(H12.10月生)
・凌太郎(H14.7月生)

【相互リンク】
相互リンクご希望の方は、コメント欄にご記入下さいませ。

【メール】
hirakawa@asam.jp

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去ログ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。