自分のしたい事、好きな事、為になる事を書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

第10回 行橋~別府100キロウォークを振り返って (その1)

【251通目の手紙】

2人の息子へ

先月参加した「第10回 行橋~別府100キロウォーク」で感じたことを、忘れないようにと振り返って書いたよ。

--------------------------------------------------------------
続きを読む前に、応援クリック( 人気blogランキングへ )をお願いします!
--------------------------------------------------------------


■10:01(博多駅)
100キロウォーク参加のため、特急ソニックで行橋へ向かう。
メンバーは、知人のお父さん2人と私の3人。

私は車内でふくらはぎのマッサージを始める。
ついにこの日が来たかと思うと次第に緊張してきた。

思い返すと練習を始めたのは、今から1年前。
練習は人一倍やったと思う。
だから100キロを歩ける自信があるかと問われると、これがまったくない。

60キロを歩いた時など、自宅に着いたとたん玄関先で倒れた。
今の私には100キロなんて想像も出来ない。

おそらく人生で味わったことのない痛みを経験するだろう。
とても不安だが、今さら考えても仕方あるまい。

あとは思い切り楽しもう。
そう開き直りマッサージを続けた。



■11:00(行橋駅着)
集合場所の行橋正八幡宮に着く。
すでに沢山の参加者が柔軟体操をしていた。

みんなベテランに見え圧倒される。
「たのむから100キロもってくれよ」と念じながら足にテーピングをした。

ウォーク1



■14:00(スタート)
太鼓の音に合わせ約2500人が牛歩スタート。
私たちは後方にいたので、スタートのゲートをくぐるころには、すでに15分が過ぎていた。

しかし、ゼッケンにはICタグがあり、各自スタート時間を自動計測してくれる。
だから不公平はない。

ウォーク2



■15:24(7km、長井の浜海水浴場)
出発してすぐに海岸を歩く。
ぞろぞろと浜辺を歩く姿を見て、思わず笑いがこみ上げる。
しかし砂浜の歩きにくさと、靴に入る砂には困った。

ウォーク3



■17:55(19km、浜の宮大橋給水所)
ここではボランティアさんが飲み物やバナナを用意してくれていた。
実はこの大会を支えているのが、ボランティアさんの存在だ。

道案内や食事支給、ゴミ処理までお世話と応援をしてくれる。
その数200名以上と聞くが、本当に感謝である。

体調の方はといえば、すでに足の裏がジンジンしている。
靴下を脱いで裸足になると、アスファルトがひんやりして気持ちいい。

10分の休憩後出発。
夕日がとてもキレイだった。

ウォーク4



■19:00(25km、豊前市舟入分岐点)
ペットボトル等のゴミをゴミ箱に捨てる。
ゴミ箱は5キロおきに設置してあるので助かる。
(それでもポイ捨てをするマナーの悪い一部の参加者にはがっかりした)

ゴミ箱を見つけると5キロ進んだことが分かるので嬉しくなる。
 


■21:10(35km、中津駅)
第1チェックポイントにようやく到着。
やっと3分の1を歩く。

地面にはプチプチが敷いてあり、その上で大勢の参加者が休憩をとっている。
元気に記念撮影をしている人も多い。

私はマメが出来ないようにと靴下を履き替え、そして両ひざにサポーターをつける。
ありがたいことに、知人から電話やメールで応援メッセージが届く。

とても嬉しかった。
よし頑張るぞとパワーが出る。

ボランティアさんより、バナナ、梅干、ぽんつく(お菓子)を頂き、25分の休憩後出発。
長めの休憩をとると、歩き始めがすごくつらい。

ウォーク5



■01:56(55km、宇佐神宮)
やっと半分の50キロを通過した。
いつの間にか日付が変わっている。

どんどん気温が下がっていくのが分かる。
足の裏とふくらはぎが痛い。
60キロ以上を歩いた経験が無いため、どんな症状が体に現れるかと思うと不安になる。



■03:00(60km、宇佐)
第2チェックポイントに到着。
3人とも疲れがピークに達している。

周りを見ると、座り込んだままうなだれている人、寝ている人。
マメを治療している人など様々。
あまりにも寒いのでうどんを一気にかき込む。

残り40キロだが、実はここからが最大の難関と聞く。
というのも、立石、七曲り、赤松という3つの峠越えがあるから。

よって、ここでリタイヤする人が一番多いらしい。
なにもこんな後半にいじめなくてもよさそうなものだが。

そういえば、「本当のスタート地点はココです」と誰かが言っていた。
もうそんな体力は残っていない。

でも前に進まないとゴールは無いし。
そんな不安の中、私たちは出発した。

ウォーク6





行橋~別府100キロウォークを振り返って (その2)はこちら

今日も一日に感謝。

-----------------------------------------------------
只今、ブログランキングに参加中。
1クリックで1票が入るシステムです。
「この手紙は参考になった。」と思った方は、クリックをお願いします。
応援クリックは、こちら( 人気blogランキングへ )です。
いつも、応援クリック、ありがとうございます!
-----------------------------------------------------

バックナンバーはこちら。

コメントや質問などございましたら、お気軽にどうぞ…。
大変打たれ弱いため、批判はご遠慮下さいね。
(最近なかなか返事が書けずに申し訳ございません)



更新日:週2回(月曜、木曜)
2008-11-17 : 未分類 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

100Kmウォーキングご苦労様
100Kmウォーキングご苦労様です。
私もやっています。今年で5回目の
参加でしたが毎回ドラマですね。特に
サポーターの方の援助が身にしみますね。
夜中の時間は、止める言い訳を考えてる
私でした。これは100kmを歩いた人しか
判らないことですね・・・・・・!!
2008-11-17 08:46 : 本田 URL : 編集
いやぁ~。よかった。
またまた、思い出しました。
平川さんのおかげでほんと、いい経験させてもらいました。

出会いって大切ですね。
しみじみそう思います。

来年2回目。今からワクワクします。
来年も頑張りましょう!

その前に長崎制覇、頑張りましょう。
2008-11-17 09:28 : まつお URL : 編集
本田さま
コメントありがとうございます。

5回目ですか。
と言う事は、指導員?
ベテランですね。

おっしゃる通り、100キロウォークはドラマですね。
主人公はもちろん自分。

すっかり中毒になってしまいました。(笑)

今後とも宜しくお願いいたします。
2008-11-17 12:32 : 平川 URL : 編集
まつおさま
コメントありがとうございます。

本当、出会いって大切ですね。
皆さんと知り合えたお陰で、これからの人生が今以上に楽しくなりそうです。

これからも宜しくお願いいたします。

まずは佐世保105ですね。
今度はもっと計画的に歩けそうな気がします。
頑張りましょう。
2008-11-17 12:39 : 平川 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

平川

Author:平川


更新日:不定期(週1くらいかな)

【このブログは】
自分のしたい事、好きな事、為になる事を、二人の息子へ語りかける口調で書いています。

【もくじ】
過去に書いた手紙の一覧

【二人の息子へ】
なぜ手紙を書こうと思ったのか?

【プロフィール】
専門学校を卒業後、カラオケ機器の商社へ入社。平成14年に独立し、IT会社を興す。現在、福岡県在住。

【所属】
福岡県中小企業家同友会糸島支部
福岡県伊都倫理法人会

【好きなもの】
・100キロウォーク
・ランドナー
・魚釣り
・キャンプ
・温泉地めぐり
・音楽(パンクが好きな親父)

【嫌いな人】
電車でお年寄りや体の不自由な方に、席を譲らない人。

【家族】
嫁1人、子供2人の4人家族。
・竜之介(H12.10月生)
・凌太郎(H14.7月生)

【相互リンク】
相互リンクご希望の方は、コメント欄にご記入下さいませ。

【メール】
hirakawa@asam.jp

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去ログ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。