自分のしたい事、好きな事、為になる事を書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

第10回 行橋~別府100キロウォークを振り返って (その2)

【252通目の手紙】

2人の息子へ

前回の手紙の続きを書きたいと思う。

--------------------------------------------------------------
続きを読む前に、応援クリック( 人気blogランキングへ )をお願いします!
--------------------------------------------------------------


■04:00(65km、立石峠)
真っ暗な中、延々と長い上り坂が続く。
時折、大型トラックが猛スピードで横を駆け抜ける。

その風圧で足がすくむ。
遠くで救急車のサイレンが聞こえる。

事故でもあったのかと気になるが、後ろを振り返る元気さえない。
(ふと見上げた夜空は、星がとてもキレイで吸い込まれそうだった。
思わず目頭が熱くなる)

体が悲鳴を上げているのか、ひざに激痛が走る。
ふくらはぎもパンパンにむくんでいる。

もう夜明けだ。
朝日で真っ赤にそまった雲が印象的だった。

ウォーク8



■07:15(77km、七曲り)
ここが有名な参加者泣かせの七曲りか。
あまりにも急傾斜のため杖を使う。

ひざに負担をかけないよう、ゆっくりと一歩一歩を踏み出す。
頂上で写真をとるが、痛さで顔がゆがむ。

ウォーク10

よし、峠はあと1つだ、頑張ろう。
しかし本当の試練はこれからだった。



■08:00(80km、赤松峠)
ハーモニーランドへ続く長い上り坂。
この辺りで3人がばらける。

私のひざは爆発寸前で、激痛の間隔がどんどん短くなる。
歩く振動で足の裏とふくらはぎがビリビリする。

足の筋が切れるかもしれない。
あまりの痛さにタオルをくわえ噛みしめる。

このままじゃ体が壊れそうだ。
初めてリタイヤの4文字が頭に浮かんだ。

「一層の事、足の筋でも切れた方がリタイヤのいい訳になるのに」
と心が折れそうになったその時、携帯が鳴った。

表示を見ると妻からだ。

「お父さん、大丈夫?」
かけてきたのは息子だった。

「お父さん、今どこ?」

声を聞いた瞬間、今まで張り詰めていた緊張の糸が切れる。
そして我慢していたものが一気にふきだした。

「大丈夫だよ」
涙があふれ声にならない。

「お父さん、泣きようと?」

何事かと妻があわてて電話を変わる。
「どうしたと?大丈夫?」

「ああ、大丈夫、もう少しだから頑張るよ」
と数分会話をする。

すると不思議なことに、あれほど折れそうだった心が持ち直す。

「よし、絶対にゴールするぞ」
私はタオルで顔をぬぐい、第3チェックポイントを目指した。



■09:30(85km、日出Coco) 
第3チェックポイントに到着。
あと15キロだ。
最後の力を振り絞り出発する。



■12:30(95km、靴屋付近)
足の裏、ふくらはぎ、ひざが猛烈に痛い。
最後の15キロがなんと長いことか。

少しだけ休みたいが、休むと立ち上がれそうもない。
このまま歩こう。

沿道や車から応援を頂く。
もう少しだ、頑張ろう。



■13:49(100km、海門寺公園ゴール) 
ゴールが見えた。
ボランティアの皆さんや先着の方々から拍手で迎えられる。

ウォーク12

こらえていた涙がこぼれる。
タオルで顔をおおいゴール。

ウォーク11

やったー、ついに終わった。
完歩の賞状を頂き感無量。
すぐさま家族へ電話する。

所要時間は、23時間33分54秒。
歩いた歩数は、13万1845歩。

本当にすごかった。
人生43年間で一番頑張ったと思う。
今までこんなに頑張った記憶はない。

これも皆さんの支えや応援があったから。
特に最後の15キロは、歩いたというよりも、歩かされたといった方が近い。

人は自分のことよりも、誰かのためにとか、感謝とかいった感情が、自分が持つ力以上の力を生むことを実感した。

一緒に参加した2人のお父さんも無事完歩。
本当に感謝いたします。

来年ですか?
おそらく挑戦すると思います。
どうもありがとうございました。

ウォーク7

今日も一日に感謝。

-----------------------------------------------------
只今、ブログランキングに参加中。
1クリックで1票が入るシステムです。
「この手紙は参考になった。」と思った方は、クリックをお願いします。
応援クリックは、こちら( 人気blogランキングへ )です。
いつも、応援クリック、ありがとうございます!
-----------------------------------------------------

バックナンバーはこちら。

コメントや質問などございましたら、お気軽にどうぞ…。
大変打たれ弱いため、批判はご遠慮下さいね。
(最近なかなか返事が書けずに申し訳ございません)



更新日:週2回(月曜、木曜)
2008-11-20 : 未分類 : コメント : 4 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

感動しました
平川さん、初めてコメントします。

感動しました。
目の前に歯を食いしばる平川さんがいるような
あまりのリアリティの強さに心が振えました。

「43年間生きてきて一番頑張った」

そう言える平川さんを、心から尊敬します。

あまり軽々しいことは言えませんが、
僕も生きてるうちにそういうチャレンジをしたいです。

お疲れ様でした。
2008-11-20 12:16 : カウテレビジョン高橋 URL : 編集
高橋さん
コメントありがとうございます。
高橋さんなら完歩出来ますよ。

社員の皆さんと挑戦されませんか?
結束が一段と強くなりますよ。

お互いチャレンジ精神を忘れないよう、頑張りましょう。
2008-11-20 13:35 : 平川 URL : 編集
報告。
この場をお借りして。
おかげさまで無事に手術、成功です。
左手が不自由ですけど。

お互いに怪我には注意ですね。

ハーモニーの峠でのドラマは目に浮かびます。

いい思い出です。
2008-11-20 15:57 : まつお URL : 編集
まつおさま
手術無事済んだようでよかったです。
痛かったですか?
麻酔は全身?部分?
詳しくは今度聞かせて下さい。
2008-11-21 13:03 : 平川 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

平川

Author:平川


更新日:不定期(週1くらいかな)

【このブログは】
自分のしたい事、好きな事、為になる事を、二人の息子へ語りかける口調で書いています。

【もくじ】
過去に書いた手紙の一覧

【二人の息子へ】
なぜ手紙を書こうと思ったのか?

【プロフィール】
専門学校を卒業後、カラオケ機器の商社へ入社。平成14年に独立し、IT会社を興す。現在、福岡県在住。

【所属】
福岡県中小企業家同友会糸島支部
福岡県伊都倫理法人会

【好きなもの】
・100キロウォーク
・ランドナー
・魚釣り
・キャンプ
・温泉地めぐり
・音楽(パンクが好きな親父)

【嫌いな人】
電車でお年寄りや体の不自由な方に、席を譲らない人。

【家族】
嫁1人、子供2人の4人家族。
・竜之介(H12.10月生)
・凌太郎(H14.7月生)

【相互リンク】
相互リンクご希望の方は、コメント欄にご記入下さいませ。

【メール】
hirakawa@asam.jp

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去ログ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。