自分のしたい事、好きな事、為になる事を書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

大切なことは、へこたれない強い心を育てること。

【276通目の手紙】

2人の息子へ

先日、J-CASTニュースでこんな記事を見つけた。
鳥取の小学校は「学級委員長」なし「なれない子供が傷つくから」?
今日はそのことについて書きたいと思う。

--------------------------------------------------------------
続きを読む前に、応援クリック( 人気blogランキングへ )をお願いします!
--------------------------------------------------------------

先日、J-CASTニュースでこんな記事を見つけた。

鳥取の小学校は「学級委員長」なし「なれない子供が傷つくから」?

鳥取県の公立小学校には「学級委員長」がいない。リーダーを決めれば差別につながる、との抗議を人権団体などから受け自粛した結果なのだそうだ。しかし、2009年春から鳥取市で1校だけ20年ぶりに「学級委員長」が復活する。市の教育委員会が2、3年前から子供達の社会性、自主性を育てるために復活を呼び掛けてきた成果らしいが、後に続く学校が現れるかはわからないという。

徒競走もコースを変え、同時にゴールする

鳥取県の公立小学校が「学級委員長」を無くしたのは、人権団体などから「委員長になれなかった子供が傷つく」「自分にはできないと劣等感が生まれる」などの抗議があり、自粛が全県に広がったためだという。図書委員、保健委員といった担当者はいるが、これらの委員は全て横並びの関係にしている。また、「差別」の観点から、運動会の徒競走でも全員が同時にゴールできるように、走るのが遅い子供に対しては、コースをショートカット(近道)したり、スタートラインを他の生徒より前にしたりする学校もあるのだそうだ。
J-CSSTニュースより引用


これは、傷つく恐れのある障害から子供を守ろうという意図なのかな?
そうだとしたら、これはいかがなものかと思うよ。

子供が傷ついたり、劣等感を味わうことが、なぜいけないのだろうか?
大切なことは、そんな障害から子供を守ることじゃないと思うんだね。

大切なことは、たとえキミたちが傷ついたり、劣等感を味わっても、へこたれない強い心を育てることだと思うんだ。

キミたちは、やがて中学生になる。
その後、受験でふるいにかけられ高校生、大学生となる。
そして、いやおうなしに社会へと放り出される。

人生は競争だらけなんだ。
競争に負け、挫折感を味わうことなんか、日常茶飯事だよ。

だから、小さいころから大いに傷つき、劣等感を味わったがいい。
負ける悔しさ、勝つ喜びを感じなさい。
そして自分が他人より優れているのか、劣っているのかを知ったがいい。

その結果、劣っていてもかまわない。
そこから努力する、もしくは他に得意なことを見つける、その行動が大切だと思うんだ。

傷つく恐れのある障害を排除すること、それは強い心が育つ機会を奪うことになる。
仮に競争のない世界であれば、それで良いのかもしれないが、現実はそうじゃない。

お父さんは、たとえキミたちが傷ついたり、劣等感を味わったりしても、へこたれない強い心を育てること、これがとても大切だと思うんだ。

今日も一日に感謝。

-----------------------------------------------------
只今、ブログランキングに参加中。
1クリックで1票が入るシステムです。
「この手紙は参考になった。」と思った方は、クリックをお願いします。
応援クリックは、こちら( 人気blogランキングへ )です。
いつも、応援クリック、ありがとうございます!
-----------------------------------------------------

バックナンバーはこちら。

コメントや質問などございましたら、お気軽にどうぞ…。
大変打たれ弱いため、批判はご遠慮下さいね。
(最近なかなか返事が書けずに申し訳ございません)



更新日:週2回(月曜、木曜)
2009-02-16 : 未分類 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

おす
いつも勉強させていただいてます。
同感です。
負けない強さをつけて
維持する

大人になるとなかなか難しいですが
子供のころから
少しずつ感じて

いい癖をつける

とてもいいことです。

ありがとうございます。
2009-02-16 20:25 : ひかり URL : 編集
いつも楽しみに見ています。

私もまったく同感です。

大切なのは差をなくすことではなく、他社との差を認識し、その差を縮めるために自己研鑽を続けること。

社会に出たら当たり前のことなんですけどね。
2009-02-18 04:00 : ishii URL : 編集
コメントありがとうございます。
>ひかりさん
コメントありがとうございます。
当事者の親となると簡単なようで難しいものです。
私も頑張ります。

>ishiさん
コメントありがとうございます。
そうなんですよね。
自分が今どのレベルにいるのかを認識することは、とても大切なことです。
劣等感を感じてもいいと思うのです。
劣等感はすごいパワーを生みますよ。
2009-02-19 08:36 : 平川 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

平川

Author:平川


更新日:不定期(週1くらいかな)

【このブログは】
自分のしたい事、好きな事、為になる事を、二人の息子へ語りかける口調で書いています。

【もくじ】
過去に書いた手紙の一覧

【二人の息子へ】
なぜ手紙を書こうと思ったのか?

【プロフィール】
専門学校を卒業後、カラオケ機器の商社へ入社。平成14年に独立し、IT会社を興す。現在、福岡県在住。

【所属】
福岡県中小企業家同友会糸島支部
福岡県伊都倫理法人会

【好きなもの】
・100キロウォーク
・ランドナー
・魚釣り
・キャンプ
・温泉地めぐり
・音楽(パンクが好きな親父)

【嫌いな人】
電車でお年寄りや体の不自由な方に、席を譲らない人。

【家族】
嫁1人、子供2人の4人家族。
・竜之介(H12.10月生)
・凌太郎(H14.7月生)

【相互リンク】
相互リンクご希望の方は、コメント欄にご記入下さいませ。

【メール】
hirakawa@asam.jp

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去ログ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。