自分のしたい事、好きな事、為になる事を書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

世の中にはすごい本屋さんがあるもんだ。

【322通目の手紙】

2人の息子へ

昨夜、エチカの鏡を見た。
するととても面白い本屋さんが紹介されていたんだ。

世の中にはすごい本屋さんがあるもんだなぁなんて驚いたよ。

今日はその話を書きたいと思う。

--------------------------------------------------------------
続きを読む前に、応援クリック( 人気blogランキングへ )をお願いします!
--------------------------------------------------------------

昨夜、エチカの鏡で紹介された本屋さん。
世の中にはすごい本屋さんがあるもんだなぁなんて驚いたよ。

店長は清水克衛さんと言って、本のソムリエと呼ばれている方。
その清水さんが経営する本屋さんの店名、“読書のすすめ”と言う。

清水さんは若い頃、先輩のすすめで商売をすすめられる。
昔から本が好きだった清水さんは、本屋さんを天職と感じ開業する。

ところがベストセラーになる本は、ほとんどが大手の書店にまわされ、清水さんのところには、100冊の注文を入れているにもかかわらず、1冊しか届かない始末。

そんなで商売も軌道にのらず廃業も考えていたある日、あることを決心する。
それは自分の売りたい本、すすめたい本を売ろうと。

それ以来、清水さん一押しの本であれば、10年前の本でも平積みされる。
そんな本屋さんに変身する。

その頃から清水さん、店内で本を探しているお客さんに話しかけるようになる。
「何かにお悩みですか、どんな本をお探しですか」と。

お客さんの悩みを聞き、それを解決する的確な本を紹介する。
それが本のソムリエと言われる由縁なんだ。

もちろん最初からうまくいったわけじゃなく、ほとんどのお客さんから、“ほっといて下さい”、“気持ち悪い”と敬遠されたらしい。

でも10人に1人くらいが、すすめた本を買って頂けた。
そのお客さんがまた店長に会いに(お礼を言いに)やってくる。

そんなでどんどんファンが増えていったとのこと。
次第に口コミが広がり、今では遠く沖縄からもお客さんが来られるようになった。

本屋はただ本を売るだけじゃなく、本を通じてお客様に感動をお渡しする。
番組からはそんな清水さんの気持ちが伝わってきたよ。

世の中にはすごい本屋さんがあるもんだなぁ。
東京の江戸川区篠崎町にあるらしいが、いつか行ってみたいと思うよ。

今日も一日に感謝。

-----------------------------------------------------
只今、ブログランキングに参加中。
1クリックで1票が入るシステムです。
「この手紙は参考になった。」と思った方は、クリックをお願いします。
応援クリックは、こちら( 人気blogランキングへ )です。
いつも、応援クリック、ありがとうございます!
-----------------------------------------------------

バックナンバーはこちら。

コメントや質問などございましたら、お気軽にどうぞ…。
大変打たれ弱いため、批判はご遠慮下さいね。
(最近なかなか返事が書けずに申し訳ございません)



更新日:週2回(月曜、木曜)
2009-08-03 : 未分類 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

想いですね^^
こんにちは。
HABITナビゲーター松本幸二と申します。

非常に興味深い記事で、感銘を受けました。

なるほど、どの商売にも言えるのかもしれませんが、その商品を通じて、お客様に感動を与える。
それが報酬となって自分に返ってくる。
そういう循環があるのでしょう。

改めて、思いやる気持ちの大切さに気づきました。

ありがとうございます!

また、拝見しにきますね^^
2009-08-04 11:20 : HABITナビゲーター URL : 編集
HABITナビゲーターさん
いつもコメントありがとうございます。
大手には出来ない、中小企業ならではの生きる道を見たような気がしました。
気づきの多い番組でした。
2009-08-04 21:20 : 平川 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

平川

Author:平川


更新日:不定期(週1くらいかな)

【このブログは】
自分のしたい事、好きな事、為になる事を、二人の息子へ語りかける口調で書いています。

【もくじ】
過去に書いた手紙の一覧

【二人の息子へ】
なぜ手紙を書こうと思ったのか?

【プロフィール】
専門学校を卒業後、カラオケ機器の商社へ入社。平成14年に独立し、IT会社を興す。現在、福岡県在住。

【所属】
福岡県中小企業家同友会糸島支部
福岡県伊都倫理法人会

【好きなもの】
・100キロウォーク
・ランドナー
・魚釣り
・キャンプ
・温泉地めぐり
・音楽(パンクが好きな親父)

【嫌いな人】
電車でお年寄りや体の不自由な方に、席を譲らない人。

【家族】
嫁1人、子供2人の4人家族。
・竜之介(H12.10月生)
・凌太郎(H14.7月生)

【相互リンク】
相互リンクご希望の方は、コメント欄にご記入下さいませ。

【メール】
hirakawa@asam.jp

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去ログ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。