自分のしたい事、好きな事、為になる事を書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

独立しても、ほとんどの人は廃業する。

【40通目の手紙】

今日の手紙は、企業の倒産について書きたいと思う。
倒産…、ドキッとする言葉だよね。

市場変化、資金繰りの悪化、顧客離れ、倒産の理由は色々ある。
決して他人事ではないよ。
お父さんも、このリスクは、常に背負っていると考えている。

ところで、この倒産。
実は、君が思っている以上に、会社を続けていくということは、難しいことなんだ。
はっきり言うが、倒産する割合は、驚くほど高い。


先日、fp-oneさんのブログに、「倒産割合のデータを自身の経験で検証してみる」という記事が書かれた。

お父さんは、早速、その記事にコメントを残したんだ。
すると、fp-oneさんより、大変興味深い返信が来た。

その時の会話を書くよ。


fp-oneさん:「いろんな中小企業経営者向けの本に書いてある倒産割合のデータを見ると起業後1年以内に廃業する会社は30%とも40%ともいわれ、3年以内で70%、10年以内に廃業する割合は93%!とも言われています。
2006年度版中小企業白書で10年後に廃業する確率を計算してみたらやはり8割くらいの会社がなくなるデータでした。」

お父さん:「100社が、よーいドンで起業したとして、10年後に残っている会社は、たったの5社。しかも、うち3社は、どうにかこうにか食っていけてる状態。結局、順調に伸びているのは、100社のうち、2社だけ。という話を聞いたことがあります。
そこまでないにしても、80%から90%が消滅するのは間違いないでしょう。そう考えると怖いです。生き残るためにも、情報収集、日々実践。大切ですね。」

fp-oneさん:「ちなみに起業したいと考えている人のうち、本当に起業する人も100人中6人というデータがあると聞きました。
そうすると起業を考えて起業して10年後にうまくいっている人は・・0.06×0.02=0.0012!2500人に3人です。こんなことを書いていたら悶々としてしまいました。よそ見せず働きます。」

お父さん:「2500人に3人。実際そのくらいかもしれませんね。私も、その3人に入れるよう頑張ります。」



起業したいなぁ、と考えている人が本当に起業して、なおかつ、10年後に順調に伸びる会社を作っている人は、たった2500人に3人しかいない。

あくまで、2500人に3人と言う数字は、予測だよ。
しかし、10年後に80%から90%が廃業するという数字は、どうやら間違いないようだ。

そのことについて、「小さな会社・儲けのルール―ランチェスター経営7つの成功戦略」 (竹田 陽一、栢野 克己著)には、次のように書かれている。

2002年の「中小企業白書」によると、独立して1年で約4割が廃業し、10年間同じ会社を経営している人は2割弱しかいません。つまり、独立したほとんどの人は失敗しているのです。
成功した人は自らしゃべるし、新聞や雑誌にも紹介されます。
でも、失敗した人は黙ってますからわかりません。



どうだろうか。
ほとんどの人は、失敗しちゃうんだよ。

この事実を考えると、お父さんは、君に、「それ独立しろ、やれ経営者になれ。」とは、無責任に言えないな。
むしろ逆で、相談されたら、「独立するのは止めなさい。」と言うかもしれない。

君は、それを聞いて、どの道を選択するだろうか。
それでも起業家を目指すと言うのなら、お父さんは、一生懸命応援するけどね。

今日も一日に感謝。

-----------------------------------------------------
只今、ブログランキングに参加中。
1クリックで1票が入るシステムです。
「この手紙は参考になった。」と思った方は、クリックをお願いします。
応援クリックは、こちら( 人気blogランキングへ )です。
いつも、応援クリック、ありがとうございます!
-----------------------------------------------------

バックナンバーはこちら。

コメントやご質問など、お気軽にどうぞ。
(平川は、大変打たれ弱いため、ご批判はご遠慮下さいね。)
2006-10-16 : 未分類 : コメント : 10 : トラックバック : 1
Pagetop
集客ができなければ、廃業だ。 «  ホーム  » 飛び込み営業は、営業の基本だ。
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
自営業や零細企業まで含めると廃業率は5割
昨日、自営業や零細企業の、顧客増加・売上拡大をテーマとした「プロジェクトC」をリリースしました。CはCustomer。 すぐ分かるとおり、「プロジェクトX」からお名前拝借したのですがあれは大企業の大プロジェクトでしたね。小さな小さな会社のプロジェクトは、
2006-10-16 11:49 : ブログ「小さな会社★経営コーチング」
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

記事紹介ありがとうございます
ブログ記事紹介ありがとうございます。

ちなみに1年で4割が廃業する数字というのもかなり正確だと思います。(起業前・起業後半年以内の会社に特化して業務支援をしているので分かるのですが)いずれこの実態も書きたいと思っています。

今夜はテレビ東京カンブリア宮殿で「平成の経営の神様」京セラ創業者の稲盛和夫氏が出演するのでど真剣な起業家は必見ですね。

2006-10-16 08:12 : fp-one URL : 編集
Re:fp-oneさん
>いずれこの実態も書きたいと思っています。
現場でのお話を、ぜひ聞かせて下さい。
楽しみにしています。
2006-10-16 09:54 : 平川 URL : 編集
創業者って・・・
 そういう意味で 創業者ってすごいですよね。
自分がやりたくて走り出して 世間が認めてくれても 仲間に恵まれなかったら、仲間も一緒に走りたいって感じさせられなかったら
続きませんからね。
小さなところから初めて成功した松下氏 稲盛氏 永盛氏・・・
考え方に共通点を感じます。
いずれも 人をどう生かすかに 長けた人であり熱意を持った人ですね。
2006-10-16 10:46 : acb URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006-10-16 11:13 : : 編集
6割というデータも不完全
私もブログに書いたことがあるのですが、今年の中小企業白書によると、自営業の場合、データがある製造業、従業員4人以上の自営業事業所の1年後の
「生存率」は1984~2002年の平均で62.3%。
これは「工業統計表」の他には適当なデータソースがなく、それが、「製造業、従業員4人以上」の事業所しか把握していないからです。

いわゆる「1円株式会社」ができてから、法人・個人の垣根は限りなく低くなったので、ここ数年では、法人も個人も廃業率は変わらない野ではないかと思います。

そういうわけで、独立が容易なサービス業や1人で起業する人を含めた全事業所だと
おそらく半分が、1年でいなくなっているのではないでしょうか。

なので、1年後生き残っているのは6割というのも、甘いと思います。

それと、10年後ですが、これも自営業に限って、白書のデータから計算してみましたが、10年分のデータが揃った1993年開業の自営業者の場合、10年後まで生き残っているのは、100人のうちたったの8.6人でした。
93年はまだ「1円株式会社」はなかったので、法人だと生存率はもう少し高いかもしれません。

2006-10-16 11:48 : みわっち URL : 編集
Re:みわっちさん
>独立が容易なサービス業や1人で起業する人を含めた全事業所だと
>おそらく半分が、1年でいなくなっているのではないでしょうか。
そういえば、カラオケを販売していた前職時の事を、思い出しました。
スナックの1年以内の廃業率は、50%に達していたと思います。
2006-10-16 13:08 : 平川 URL : 編集
Re:acbさん
>そういう意味で 創業者ってすごいですよね。
やはり、ゼロからのスタートと言うのは、厳しいですね。
もちろん、後継者は後継者で、私には分からない苦労があると思います。
2006-10-16 13:13 : 平川 URL : 編集
創業
起業したいと考えている人のうち、本当に起業する人も100人中6人。上の数字を見ると尻込みするでしょう。慎重に考えるでもなく、20代から起業して60代、右肩上がりの良い時代だったと感謝です。子供に自営業さぜずにすむのが嬉しい。
2006-10-18 15:39 : やどかり URL : 編集
Re:やどかりさん
確かに、上の数字を知っていたら、私も起業しなかったかもしれません。
そう言った意味では、起業前の人に数字を教える事は、余計なお世話?になるんですかね。
2006-10-18 16:20 : 平川 URL : 編集
独立自営業はもっと自慢してよい
独立して12年だがあっという間だった。いまはうまくいかなくなったので、一時閉鎖で 50すぎで休職中である。日本の場合 アメリカと違い、一度つまずいただけで立ち直りが、難しい、これはおそらく 日本人の性格として、ビハインドを負ってしまったとか、自分はいわゆる負け組だ とか 日本人特有の感情が先立つからだろうか また回りもそういう人間として扱う。がすでに企業するぞ!と思い実行したことこそ結果はどうであれ、勝ち組である! 公務員などにはわからないだろう 最も自分を誇っていい。会社づとめで平々凡々としているやつとか 仕事になんか やり甲斐など感じられない公務員なんかよりは、すべての面でわたしは、優れているとおもいます。失敗してもまた起業する。かなり痛みはともなうが、まそんな人はすばらしいもっと誇れ! また日本もそういう人間こそ大切にしてくれ!!!。
2007-10-15 08:52 : こう URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

平川

Author:平川


更新日:不定期(週1くらいかな)

【このブログは】
自分のしたい事、好きな事、為になる事を、二人の息子へ語りかける口調で書いています。

【もくじ】
過去に書いた手紙の一覧

【二人の息子へ】
なぜ手紙を書こうと思ったのか?

【プロフィール】
専門学校を卒業後、カラオケ機器の商社へ入社。平成14年に独立し、IT会社を興す。現在、福岡県在住。

【所属】
福岡県中小企業家同友会糸島支部
福岡県伊都倫理法人会

【好きなもの】
・100キロウォーク
・ランドナー
・魚釣り
・キャンプ
・温泉地めぐり
・音楽(パンクが好きな親父)

【嫌いな人】
電車でお年寄りや体の不自由な方に、席を譲らない人。

【家族】
嫁1人、子供2人の4人家族。
・竜之介(H12.10月生)
・凌太郎(H14.7月生)

【相互リンク】
相互リンクご希望の方は、コメント欄にご記入下さいませ。

【メール】
hirakawa@asam.jp

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去ログ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。