自分のしたい事、好きな事、為になる事を書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

参加者の感想 (第一回糸島三都110キロウォーク)

【447通目の手紙】

2人の息子へ

第二回糸島三都110キロウォークの受付を、3月1日より開始した。
予想以上の問合せがあり、順調な滑り出しだよ。

そこでまだ参加を迷っている人のために、第一回参加者の感想を紹介したいと思う。

--------------------------------------------------------------
続きを読む前に、応援クリック人気blogランキングへをお願いします!
--------------------------------------------------------------

第二回糸島三都110キロウォークの受付を、3月1日より開始した。
予想以上の問合せがあり、順調な滑り出しだよ。

そこでまだ参加を迷っている人のために、第一回参加者の感想を紹介したいと思う。

◆『ありがとうございました』 110キロ ウォーク無事完歩できました。スタッフの皆様のサポートなくしては出来えない事でした。本当にありがとうございました。

◆『ありがとうございました』 先日の「糸島三都110キロウォーク」では、荒天の中、お世話いただきまして、ありがとうございました。過酷な天候だっただけに、ゴールした時の感激もひとしお大きく、思い出深いものとなりました。急な大雨の中、私たちはカッパを着ているのにボランティアさんはウィンドブレーカーだけで、それでもニコニコとお世話くださった、その気持ちがとてもありがたく感じました。荒天だったからこそ、感じられたこと生まれたての小さな大会だからこそ、見えてきたこと、知ることができたことがたくさんあったような気がします。
大変だとは思いますが、どうか、これからも継続していただければ・・・と思います。まずはお礼まで。今後の皆さまがたのご発展をお祈りいたしております。

◆今日は朝から大学によぼよぼ歩きで行ってきました。今回の大会は●●さんが言うように確実にこれから先思い出に残る大会になりました。今回初めて意識的にリタイアを一瞬考えました。幸いに北九州の●●さんと一緒に歩けたのでお互いに完歩できました。
途中の話しは書きつくせませんが、完歩できて良かったとおもいます。
皆さんのゴールを見たかったのですが完璧に疲れ果てていたので迎えに来ていた人に家まで送ってもらい風呂に入り上がってそのまま夜までぐっすり寝ました。
今回、ボランテイア、サポートの人々に初めての経験にも関わらず、熱心に世話をしていただいた事が完歩できた一番の理由でした。どこの大会でも同じですが特にこの大会のスタッフの方々は皆、年が若く熱心なので好感がもてました。お世辞ぬきですばらしかったです。お礼をいう機会がないのでよろしくお伝えしてください。

◆『お世話になりました』 土曜・日曜は大変お世話になりました。ウォーカーも大変でしたが、荒天の中でスタッフの方々も大変な思いをされたのではないかと思います。お疲れさまでした。
私自身は、左右の足の裏に肉刺が2つずつできて、それは1周目を終えたときから耐え難い痛みになっていました。そのときはそれなりに手当てをしたのですが、歩くたびに足の裏ですから直接痛みが走って、ときどき「ウゴォーッ!」だの「イタイイタイイタイイタイ!」だの訳のわからない悲鳴をあげながらの歩行でした。
家に帰って見てみるとそれぞれ直径3cmくらいになっていました。勿論、グズグズの状態で、よくこれで後半の55kmを歩きとおしたものだと、カミさんに呆れられました。
こんな風だったので、高橋委員長のゴールまで待てず、お先に失礼してしまったのですが、スミマセンでした。一夜明けて、足の痛みも半減し、歩きとおした充足感だけが残っています。
来年も是非参加したいと思います。そのときは肉刺対策をしっかりして元気にゴールしたいものです。そしてゴール後の懇親会に参加したいですね。皆様に宜しくお伝えください。ありがとうございました。

◆大会準備から当日運営に至るまで、長期に亘るサポート対応ご苦労さまでした。あいにく、暴風雨の天候でしたが、 おかげさまで、なんとか無事完歩することができました。第一回という栄えある記念すべき大会に参加できましたことを深く感謝しております。
たいへんお世話になりました。

◆第1回糸島三都110キロウォークは大成功でしたね。計画と準備はとても大変だったとお察しいたします。雨と強風の悪条件の中、102人中42人、41%の完歩。KBCラジオで高橋さんの報告を聞きました。この悪天候での第1回大会は、後々まで語り継がれると思います。北九では瞬間風速28mを超え、死者も一人出たようです。
気象庁のHPで調べたら20日の前原市では20.1mと記録がありました。二見が浦付近ではそれ以上あったのかも知れないですね。波の花も歩道まで飛び上がって転がっていました。21日は朝からサーフィン大会も開催していました。1周目は気づきませんでしたが、井原迄の道は結構坂があったのですね。追い風でもっと押してもらいたかったのですがそうはいきませんでした。
第2CP伊都彩彩での豚汁とおにぎりは、とても美味しくいただきました。おまけに伊都物語ヨーグルトがまた旨い。この時に高橋会長が一人でCPに到着しました。サンセットビーチでしばらく同行し別れて以来だったので力を頂きました。
またファームハウスでの朝食のカレーヌードルも生き返りました。第3CPの糸島イチゴがこれまた最高に美味でした。そしてゴールでは写真入りの完歩証、新鮮でした。係の人たちもとても親切で好感が持てましたよ。
その後、すぐにきららの湯に入り、レストランに行くと100キロ仲間が4人いて盛り上がり、足のマメをつまみに、生ビールを2杯飲んでカレーを食ってバタンキューでした。最終ゴールを見届けたかったのですが今回はごめんなさい。
昨日22日にもう一度車でコースを一周してみました。前日の強風がうそのようで、観光客がのんびりと海を楽しんでいました。昼食は元醤油醸造をしていたという何とか小学校の隣の「あぐり」で自然食をごちそうになりました。糸島のいい思い出を胸に収め帰途につきました。

◆『糸島三都110キロウォーク事務局様』 110キロウォークでは大変お世話になりました。ありがとうございます。
雨と風で体力を奪われ、寒さと足の痛さできつかったんですが、最後まで歩く事が出来ました。立派なタイムに自分でもビックリしてます。開会式の時のアドバイスの通り、最後は根性と執念でした。(笑)
皆様の応援と声かけと、おもてなし嬉しかったです。糸島市も初めてだったんですが、いい所ですね。また遊びに行きます。ありがとうございました。

◆お疲れ様でした。本当に、お疲れの事とお察し致しております。最後はご挨拶出来ず、失礼致しました。私達は70キロで勇気あるリタイアしましたよ。北風の向風に体の芯まで冷えきってしまい、寒さで疲労困憊してしまいましたよ。悪天候も良い洗礼でした。来年リベンジへの対策の勉強になりましたよ~。糸島は、本当に美しい町でした。田んぼあり、きれいな海岸線ありで、理想的ですね。近々また車で遊びに行き、牡蠣ピザを食べるぞ~!!感謝を込めて有難うございました。



大会の詳細が知りたいなぁと思った人は、ホームページへどうぞ。(^o^)丿

今日も一日に感謝。

------------------------------------------------------------
只今、ブログランキングに参加中、1クリックで1票が入るシステムです。
応援クリックは、こちら
人気blogランキングへです。
いつも、応援クリック、ありがとうございます!

------------------------------------------------------------


バックナンバーはこちら。

コメントや質問などございましたら、お気軽にどうぞ…。
大変打たれ弱いため、批判はご遠慮下さいね。



更新日:週2回(月曜、木曜)
2011-03-10 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

平川

Author:平川


更新日:不定期(週1くらいかな)

【このブログは】
自分のしたい事、好きな事、為になる事を、二人の息子へ語りかける口調で書いています。

【もくじ】
過去に書いた手紙の一覧

【二人の息子へ】
なぜ手紙を書こうと思ったのか?

【プロフィール】
専門学校を卒業後、カラオケ機器の商社へ入社。平成14年に独立し、IT会社を興す。現在、福岡県在住。

【所属】
福岡県中小企業家同友会糸島支部
福岡県伊都倫理法人会

【好きなもの】
・100キロウォーク
・ランドナー
・魚釣り
・キャンプ
・温泉地めぐり
・音楽(パンクが好きな親父)

【嫌いな人】
電車でお年寄りや体の不自由な方に、席を譲らない人。

【家族】
嫁1人、子供2人の4人家族。
・竜之介(H12.10月生)
・凌太郎(H14.7月生)

【相互リンク】
相互リンクご希望の方は、コメント欄にご記入下さいませ。

【メール】
hirakawa@asam.jp

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去ログ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。