自分のしたい事、好きな事、為になる事を書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

真のチームとは、厳しい環境の中から育つ。

【46通目の手紙】

営業部のチームリーダーは、プレイングマネージャーだ。
管理者であり、なおかつ現場の営業マン。
今日は、そのチームリーダーの仕事の1つである、“チームを育てる”ことについて書くよ。

チームリーダーには、チームを育てるという、重要な責任がある。
お父さんは、“真のチームとは、厳しい環境の中から育つ。”と常々考えている。

確かに、チームリーダーの中には、優しい環境でチームを作る人もいる。

お父さんは、それには反対なんだ。
真のチームとは、厳しい環境の中から育つ。と信じている。

そこで、真のチームとは、いったい何か。
例えて言うならば、お父さんは、学生時代の部活動だと思うんだ。

部活動に夢中になっていた頃を思い出してごらん。

朝早くから、放課後は暗くなるまで練習をする。
それを、雨の日も、雪の日も、ずーとだ。
家に帰ったときは、もうくたくたで何も出来ず眠ってしまう。

時には、先生から特訓を受けることもあるだろう。
レギュラーになれず、陰で涙することもあるだろう。

すべては、“勝つ”という目的のために。

高校野球を見てごらんよ。
チーム全体のベクトルが、“絶対に勝つんだ。”という方向に向いている。

あのベクトルの影には、厳しい練習があったはずだ。
見ていて、“同じ釜の飯を食った仲間だ。”という結束力を感じてしまう。

お父さんは、営業チームも、これとまったく同じだと思うんだ。

朝早くから、夜遅くまで外回りをする。
雨の日も、雪の日も関係なく。

時には、チームリーダーから罵声をあびることもあるだろう。
他社に負け、悔しい思いをすることもあるだろう。

すべては、“予算達成”という目的のため。

これは、部活動のチーム作りに似ていると思わないかい。

実は、この“厳しい環境の中で育ったチーム”と“優しい環境の中で育ったチーム。”
予算を達成する上で、大きな差が生じてしまう。

この続きは、次回の手紙に書くとするよ。

今日も一日に感謝。

-----------------------------------------------------
只今、ブログランキングに参加中。
1クリックで1票が入るシステムです。
「この手紙は参考になった。」と思った方は、クリックをお願いします。
応援クリックは、こちら( 人気blogランキングへ )です。
いつも、応援クリック、ありがとうございます!
-----------------------------------------------------

バックナンバーはこちら。

コメントや質問などございましたら、お気軽にどうぞ…。
なお平川は、大変打たれ弱いため、批判はご遠慮下さいね。
2006-10-30 : 未分類 : コメント : 8 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

こんばんは、西田です!
私もいつも優しい環境よりも、きびしい環境の方を選ぶようにしてきました。
これからもそうしていきたいと思ってます。続き楽しみにしてますね!
応援ぽちっと。
2006-10-31 02:36 : ゼロからの起業! URL : 編集
こんにちは!ひろっち@呑助です。

今日のお話は私の過去の古傷が痛む話です。
高校時代、キャプテンを務めてましたが、「優しい環境」を作ってしまってました。
(もちろん練習自体は厳しいんですが)
嫌われても、もっと「厳しい環境」を作るべきだったと引退後、すごく後悔しました。
それも、今までの人生の中でも1,2を争うぐらいで、ちょっとトラウマになってます。
何より、同期の者や後輩に悪い事をした・・というほとんど、罪悪感ですね。
それ以降、同じ過ちは繰返さないようには心がけているつもりなんですが・・。

次回も楽しみです。(少し古傷が痛みますが^^)
2006-10-31 09:50 : 【素人が飲食店で独立・開業するアツいブログ】 URL : 編集
Re:西田さん
自己成長を考えると、厳しい環境に身を置いた方がいい。
私は常々そう考えています。
2006-10-31 10:31 : 平川 URL : 編集
Re:ひろっち@呑助さん
>1,2を争うぐらいで、ちょっとトラウマになってます。
そうとは知らず、失礼いたしました。
リーダー(キャプテン)とは、嫌われるくらいが丁度いいのかもしれませんね。
もちろん、社長業も同じです。
孤独なんですね。
2006-10-31 10:41 : 平川 URL : 編集
ちゃぐまです。こんにちは。

そうですね~。
わたしは部活はやっていませんでしたが、仕事でメンバーに優しくしてしまうと、結局じぶんがお客様に果たすべき責任が果たせなくなってしまう、と感じます。
嫌な顔をされても、やってもらうべきことはやってもらう強さが必要ですね。
それだけでなく、主体的に動ける人材が作れるとなおよいのですが・・・。

応援、ぽちっ。
2006-10-31 13:52 : ちゃぐま URL : 編集
Re:ちゃぐまさん
>嫌な顔をされても、やってもらうべきことはやってもらう強さが必要ですね。
なるべくなら仕事は、部下に任せる方がいいかもしれませんね。
毅然とした態度で。
2006-10-31 16:38 : 平川 URL : 編集
私は中学時代バレー部の厳しい環境下に耐えられず退部し、高校時代将棋部部長として優しい環境を作り、幽霊部員をたくさん作ってしまいました。

そんな私が経営できるのかなあ。

せめて償いに応援ポチッ!
2006-10-31 20:36 : fp-one URL : 編集
Re:fp-oneさん
私も中学時代、水泳部でした。
しかし、高校に入ったら、「もう、あんなキツイ練習はイヤだ。」と入部しませんでした。
その後、バイクと音楽に夢中になり、人生のレールを踏み外しました。(笑)
2006-10-31 23:20 : 平川 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

平川

Author:平川


更新日:不定期(週1くらいかな)

【このブログは】
自分のしたい事、好きな事、為になる事を、二人の息子へ語りかける口調で書いています。

【もくじ】
過去に書いた手紙の一覧

【二人の息子へ】
なぜ手紙を書こうと思ったのか?

【プロフィール】
専門学校を卒業後、カラオケ機器の商社へ入社。平成14年に独立し、IT会社を興す。現在、福岡県在住。

【所属】
福岡県中小企業家同友会糸島支部
福岡県伊都倫理法人会

【好きなもの】
・100キロウォーク
・ランドナー
・魚釣り
・キャンプ
・温泉地めぐり
・音楽(パンクが好きな親父)

【嫌いな人】
電車でお年寄りや体の不自由な方に、席を譲らない人。

【家族】
嫁1人、子供2人の4人家族。
・竜之介(H12.10月生)
・凌太郎(H14.7月生)

【相互リンク】
相互リンクご希望の方は、コメント欄にご記入下さいませ。

【メール】
hirakawa@asam.jp

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去ログ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。