自分のしたい事、好きな事、為になる事を書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

あん頃の僕らはアホやった

【475通目の手紙】

2人の息子へ

お父さんもキミたちくらいの時、本当にアホなことをしていたなぁと思う。

今のキミたちの方が、よっぽどしっかりしている。
もっとキミたちにも自由にやりたいことをさせなきゃと反省した。

そんな頃の話しを忘れないように、今日は思い出して書きたいと思う。

--------------------------------------------------------------------------
続きを読む前に、応援クリック人気blogランキングへをお願いします!
--------------------------------------------------------------------------

僕が魚釣りに夢中になっていた、小学6年生の頃の話。
海や川が近くと言う事もあり、週末は必ずクラスの友達と魚釣りに出かけていた。

リールや竿が欲しくて、友達と学校帰りに夕刊の新聞配達をして、月に5千円くらい稼いでいた。
給料日には自分へのごほうびとして、たこ焼きを食べるのが楽しみだった。

たこ焼きと言ってもタコは入ってなく、代わりに天カスとキャベツが入っていて、200円で腹いっぱいになった。

ある日、僕たちは大濠公園にボラを釣りに行った。
引っ掛けという釣り方で、3本のフックにおもりをつけ遠投し、闇雲にひっぱるとボラが引っかかるという具合である。

今考えると魚を傷つけるひどい釣り方だが、小学生の僕らは楽しくて仕方なかった。
釣ったボラを見ると、なにやらウロコに白い斑点があったが、気にせず持ち帰り、翌朝の味噌汁に入れて食べた。

それから3日後の新聞に
“大濠公園のボラ、綿かぶり病にかかる”
との記事が。

クラスでも話題になったが、もちろん僕は食べてないと言い張った。

それから僕たちは夜釣りにはまる。

夜中の2時に小学生が自転車で出かけるのだから、今考えると、とんでもない話である。
トラックが往来する国道を通ったが、よく事故が起きなかったものだ。

目的地に着いたら必ず電話をすることが、心配する母との約束だった。
当時の事を母に聞くと、電話があるまで生きた心地がしなかったらしい。

お昼の弁当はタッパに白飯だけを詰め持っていき、焚き火で海水を沸かし、レトルトのカレーを暖めて食べていた。

ある日K君が、これ食えるかなと言って、おもむろに撒き餌のアミを、白飯の上にのせた。
アミとは小さなエビの冷凍エサのことである。

するとそれをガツガツ食べ始めた。
K君は「うぁ、まず」と言ったが、僕にはそれがイカの塩辛のように見えて、一口だけ食べてみた。

やっぱりまずかった。
僕はそのときのK君を、どんな状況下でも生きていける子供だと尊敬した。

そんなK君と投げ釣りでキスを釣りに行ったときの話。
僕ら3人はなかなか釣れず、釣れたとしても小さいキスばかり。

しかし、すぐ隣で釣っている大人は、大きいキスをバンバン釣っている。

「なんで隣のおじちゃんばかり、大きいのが釣れるとかいな?」

そこで僕らが出した答えは、
「おじちゃんは大人やから遠くまで投げれるけど、僕らはその半分もできん。きっと大きいキスは遠くの沖におるんよ」というのだった。

するとK君、「よっしゃ、ちょっと行ってくるわ」と、いきなりパンツ姿になって、エサがついた針を持ち、海の中に入りだした。

なんと沖まで泳いでいき、エサを置いてくると言うのだ。
ところが20メートルほど泳ぐと、Uターンして引き返してきた。

「いててて…針が」
見ると足の親指に針が刺さっている。

平泳ぎでけった瞬間に刺さったから、たまったものじゃない。

「よし、僕にまかしとき」
僕は釣り道具箱から、針はずし用のラジオペンチを取り出し、もう一人がK君の足をおさえ、消毒のつもりで、消毒になるはずもない海水をかけながら、針をぐりぐりと。

「いててて」
「もうちょっとやけん我慢し」

針には返しがあるので、そう簡単に取れるはずがない。

さんざんこねくり回したあげく、
「やっぱ取れん、病院行こか」

ほっとしたK君の顔を今でも覚えている。

今日も一日に感謝。

------------------------------------------------------------------------
只今、ブログランキングに参加中、1クリックで1票が入るシステムです。
応援クリックは、こちら
人気blogランキングへです。
いつも、応援クリック、ありがとうございます!

------------------------------------------------------------------------

バックナンバーはこちら。

コメントや質問などございましたら、お気軽にどうぞ…。
大変打たれ弱いため、批判はご遠慮下さいね。

2011-11-21 : 未分類 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

K君かわいそ~
K君、今でも針刺さった
ままじゃないか?って
心配して、
夜も眠れそうにありません・・・
2011-11-23 19:55 : マツビー URL : 編集
RE:マツビーさん
最初から病院に連れて行けばいいのに…子供ってアホなことしますよね。(^_^;)
2011-11-24 10:32 : 平川 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

平川

Author:平川


更新日:不定期(週1くらいかな)

【このブログは】
自分のしたい事、好きな事、為になる事を、二人の息子へ語りかける口調で書いています。

【もくじ】
過去に書いた手紙の一覧

【二人の息子へ】
なぜ手紙を書こうと思ったのか?

【プロフィール】
専門学校を卒業後、カラオケ機器の商社へ入社。平成14年に独立し、IT会社を興す。現在、福岡県在住。

【所属】
福岡県中小企業家同友会糸島支部
福岡県伊都倫理法人会

【好きなもの】
・100キロウォーク
・ランドナー
・魚釣り
・キャンプ
・温泉地めぐり
・音楽(パンクが好きな親父)

【嫌いな人】
電車でお年寄りや体の不自由な方に、席を譲らない人。

【家族】
嫁1人、子供2人の4人家族。
・竜之介(H12.10月生)
・凌太郎(H14.7月生)

【相互リンク】
相互リンクご希望の方は、コメント欄にご記入下さいませ。

【メール】
hirakawa@asam.jp

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去ログ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。