自分のしたい事、好きな事、為になる事を書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

あん頃の僕らはアホやった part2

【486通目の手紙】

二人の息子へ

お父さんもキミたちくらいの時、本当にアホなことをしていたなぁと思う。
今日はその話を書きたいと思う。

--------------------------------------------------------------------------
続きを読む前に、応援クリック人気blogランキングへをお願いします!
--------------------------------------------------------------------------

お父さんが小学4年生の頃、学校でとても流行っていた遊びがある。
当時、給食で出る牛乳はビンの牛乳で、なぜかそのフタを集めるのが流行っていた。

遊び方は5、6人で自分のフタを表にして積み重ねる。
そしてジャンケンで勝った順に、人差し指のつめでフタの端をはじく。

すると何枚かが裏返り、その裏返った分だけもらえる、という単純な遊びである。
昼休みともなると、1年生から6年生まで、どの教室でもやっているほど、流行っていた。

勝つには裏返らないようフタの端の微調整がコツ。
お父さんはそのフタをダンボール箱いっぱい持っていた。

お父さんの宝物で、おそらく全学年で一番持っていたと思う。
そして4年生の3学期、お父さんは親の仕事の関係で、福岡へ転校することになる。

せっかく集めたフタをどうしようかと悩んだあげく、みんなにあげることにした。
置き土産のつもりだったのだろう。

さてどうやってあげようかと考えたところ、いい案を思いついた。
放課後、校舎の屋上へ行き、花咲かじいさんのように、フタをばらまくことにした。

1,000枚ほどあったフタはヒラヒラと舞いながら落ちていった。
すると何事かと空を見上げた先生と目が合い、あわてて屋上へやってきた。

お父さんはこっぴどく怒られて、散らばったフタを一人で拾わされた。
そして宝物のフタは、みごと焼却炉で処分された。

他にこんな遊びも流行った。
煙幕(えんまく)という花火を知っているだろうか。

それは直径3センチくらいの玉に導火線がついていて、火を点けると、もくもくと煙が出る、ただそれだけの花火である。

昭和45年頃の公衆電話ボックスは、クリーム色に赤い屋根で、入口の取っ手に直径10センチほどの丸い穴が開いていた。

お父さんたちはこの電話ボックスに一人ずつ入り、そこに煙幕を入れるのである。
たちまち煙で中は充満し、外からは真っ白で何も見えなくなる。

たまらず中の人間は、取っ手の穴から口だけを出し、ハァハァと外の空気を吸い、じっと耐えるのである。

耐える時間が長いほど根性のあるヤツと認められる、というアホな遊びだった。
体や服に臭いが染み付いて、よくお母さんに怒られた。

またロケット花火でもよく遊んだ。
2チームに分かれ、コカコーラのビンにロケット花火を差し込み、相手めがけて打ち合うのである。

体を守るためダンボールで鎧らしきものを作ったが、動きが鈍くなりよけい狙われた。

ある日、誰が言い出したか忘れたが「今から職員室を攻撃しに行こう」という事になった。
まったくあきれた話である。

たしか7、8人いたと思う。
たまたまその中に、小学2年生のお父さんの妹もいて、わけも分からずついてきた。
薄暗くなった学校に行き、まずは逃げる場所を裏山と決めた。

そしてほふく前進で職員室に近づくと、先生がせわしく仕事をしているのが見えた。
いっせいにロケット花火に火をつけ、職員室めがけて放った。

花火は窓ガラスにコツンと、何とも情けなく当たり、それに気づいた先生が
「こらー、誰だー」
と叫びながら、こっちへ走ってきた。

「うぁー、逃げろー」
お父さんは今にも泣き出しそうな妹の手を引いて、真っ暗な裏山へ逃げた。

すぐ横を流れる川に落ちそうで、あの時は本当に怖かった。

\(゜ロ\)(/ロ゜)/\(゜ロ\)(/ロ゜)/ (大慌ての様子)

あれから38年が経つ。

お正月に親戚が集まると妹が
「あの時は怖かった、ほんとお兄ちゃんたちアホやと思った
と、今でもこの話を酒の肴にして盛り上がる。

今日も一日に感謝。

------------------------------------------------------------------------
只今、ブログランキングに参加中、1クリックで1票が入るシステムです。
応援クリックは、こちら
人気blogランキングへです。
いつも、応援クリック、ありがとうございます!

------------------------------------------------------------------------

バックナンバーはこちら。

コメントや質問などございましたら、お気軽にどうぞ…。
大変打たれ弱いため、批判はご遠慮下さいね。

2012-02-28 : 未分類 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
いやぁ~~、読んでてオモロかったですよ平川さん(^^;)
平川さんもそんな子供だったんですねぇ.........v-8安心しました
OKv-237
私の小学生時代の給食は牛乳ではなくて、チョー不味い脱脂粉乳だったv-164
でも、あのころの時代が懐かしい~~
2012-03-01 17:21 : hana URL : 編集
RE:hanaさん
思い出すと本当にアホなことばかりやっていたなぁなんて。でも昔の子供はこんなでしたよね。
さて糸島110キロも定員の500名を超え、募集を締め切りました。去年の倍以上ですから、とても盛り上りそうです。気合がはいります。(^_-)-☆
2012-03-01 21:55 : 平川 URL : 編集
No title
子供ってなんでもしちゃいますよね笑
2012-03-02 17:45 : ハーバードナンパスクール佐藤エイチ URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

平川

Author:平川


更新日:不定期(週1くらいかな)

【このブログは】
自分のしたい事、好きな事、為になる事を、二人の息子へ語りかける口調で書いています。

【もくじ】
過去に書いた手紙の一覧

【二人の息子へ】
なぜ手紙を書こうと思ったのか?

【プロフィール】
専門学校を卒業後、カラオケ機器の商社へ入社。平成14年に独立し、IT会社を興す。現在、福岡県在住。

【所属】
福岡県中小企業家同友会糸島支部
福岡県伊都倫理法人会

【好きなもの】
・100キロウォーク
・ランドナー
・魚釣り
・キャンプ
・温泉地めぐり
・音楽(パンクが好きな親父)

【嫌いな人】
電車でお年寄りや体の不自由な方に、席を譲らない人。

【家族】
嫁1人、子供2人の4人家族。
・竜之介(H12.10月生)
・凌太郎(H14.7月生)

【相互リンク】
相互リンクご希望の方は、コメント欄にご記入下さいませ。

【メール】
hirakawa@asam.jp

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去ログ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。