自分のしたい事、好きな事、為になる事を書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

あん頃の僕らはアホやった part3

【505通目の手紙】

二人の息子へ

お父さんもキミたちくらいの時、本当にアホなことをしていたなぁと思う。
今日はその話を書きたいと思う。

--------------------------------------------------------------------------
続きを読む前に、応援クリック人気blogランキングへをお願いします!
--------------------------------------------------------------------------

小学生の頃、僕はとても落ち着きのない子だった。
自分でも不思議なくらい、じっとしていることが苦手で、授業中は後ろを向いておしゃべりばかり。

廊下に立たされることもしばしば。
今でも覚えていることがある。

それは新学期の始めに行われる、クラスの席替えでの出来事。
これは子供たちにとって一大イベントで、あらかじめ席に番号を振り、その番号を書いた紙を箱に入れ、一人ずつ引いて席を決める。

歓声が起きるほど子供心をくすぐるゲームのようだった。
ところが先生は、いつも僕だけ引かせてくれない。

なぜ?それは僕の席はすでに決められていたから。
場所は教壇の前の席。

いつでもゲンコツが出来るからと言う理由で。
先生、そりゃないよ、僕も番号を引きたかった。(笑)

また給食では食パンが出ていた。
よく机の奥から、青カビの生えたパンが出てくる子がいたが、その一人が僕である。
他にも古いプリントやらテストやら溜まっていた。

小学6年生になると、夕刊の新聞配達を始める。
通学路の途中にあった新聞販売店に、「魚釣り道具を買いたいので雇って下さい」とお願いする。

すると学校帰りに2時間働かせてもらい、月に五千円ほど頂いた。
一日約二百円の計算である。

自転車の荷台に新聞を積み、近くの団地に配りに行く。
エレベーターは無いので、五階への昇り降りは、かなり体力がついた気がする。

しばらくすると僕の影響からか、友達も新聞配達をしたいと言い出した。
しかし友達は塾に通っていたので毎日は出来ず、雇ってもらえない。

そこで僕は、友達が希望する日だけ配達を代わり、そして百円を渡していた。
これは今で言う派遣業のようなものか。

友達はすごく喜んでいたが、僕はなんとなく後ろめたさがあったのを覚えている。
それにしても新聞販売店のおじさんは、よく小学生を雇ったものだ。

中学生になると水泳部に入った。
部室は体育館の地下にある物置部屋との兼用で薄暗く、ところどころに落書きがあり、その殺伐とした雰囲気に、入部初日に後悔した。

先輩との上下関係はとても厳しく、返事は「はい」ではなく「押忍」。
運動部なのに応援団のようなノリ。
当時流行っていた、どおくまんのギャグ漫画「嗚呼!!花の応援団」の影響だった気がする。

練習の合間には、よく水中騎馬戦をした。
二人一組で肩車をして、もちろん上にのるのは先輩である。

これが前に倒れると最悪で、先輩が降りてくれない限り、頭が抜けず息が出来ない。
僕はなんども溺れかけマジに死ぬかと思った。

またこんなこともあった。
水泳部は給食後の昼休みにも練習をしていた。

校舎の非常階段はプールが見下ろせる位置にあり、見学する生徒が沢山いた。
水泳部は見学者がいると俄然はりきる。

すると先輩が何を思ったか
「よし、お前ら水着を脱いで泳げ」

「はっ?今なんとおっしゃいました?」
先輩の言う事は絶対で逆らえない。

先輩曰く「心配するな、すぐに慣れるから」と。
みんなはイヤイヤだったが、僕はキャーキャーと見学者にウケるので、内心嫌いじゃなかった。

こんな無茶を言う先輩も、さすがに背泳ぎをしろとは言わなかった。
しかし我が水泳部は、中体連で常に上位に名を連ねる強豪チームだった。つづく

今日も一日に感謝。

------------------------------------------------------------------------
只今、ブログランキングに参加中、1クリックで1票が入るシステムです。
応援クリックは、こちら
人気blogランキングへです。
いつも、応援クリック、ありがとうございます!

------------------------------------------------------------------------

バックナンバーはこちら。

コメントや質問などございましたら、お気軽にどうぞ…。
大変打たれ弱いため、批判はご遠慮下さいね。

2012-11-16 : 未分類 : コメント : 2 : トラックバック : 1
Pagetop
これに乗ってまずは九州一周だな «  ホーム  » 第14回 行橋~別府100キロウォークを振り返って
trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめ【あん頃の僕らはアホや】
【505通目の手紙】二人の息子へお父さんもキミたちくらいの時、本当にアホなことをしていたなぁと思う。今
2012-11-21 15:36 : まっとめBLOG速報
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

いい思い出.....ですね(^^♪
なんだか、我々世代(平川さんは若いかぁ~v-205)の小中学生の頃って、みんなアホやったよね(笑)

私は小学生のころ、先生からバケツ蟹って言われてましたv-290
バケツの中にカニ入れるとガサガサ音立てるから~~騒がしいお前にピッタリだ!って。。。

当時、宗像は田舎で(今も...)田んぼ道を2キロ歩いて小学校に通ってました。学校終わり、まっすぐ帰ると家の田畑仕事させられるから、それが嫌で帰りは道草ばかり食って、途中ランドセルをどこで失くしたか分からなくなったり~~アホでしたe-451

でも5年生になって、牛乳配達や夕刊配りして、私も平川さんと同じ勤労小学生でした。
昔は小学生も働いていましたよね~。親から仕事手伝え!とは言われても、勉強しろ!なんて言われたこと一度もなかったe-454

今、そんな小学生おるわけないやろ~~~ねv-237

平川さんのお蔭で、遠い昔のあの時のこと思い出しましたぁ~~

ありがとうございました

2012-11-17 09:54 : hana URL : 編集
RE:hanaさん
バケツ蟹ですか。v-10
思わず笑ってしまいました。ユーモアのある先生ですね。現在はそんなあだ名をつけたら問題になりますね。
昔の小学生って結構働いていましたよね。そのお金で好きなもの買ったりして、たくましかったです。
今の子供も、たくましさはあると思うのですが、それをさせないのは親なのかもしれません。(反省)
もっと伸び伸びと育てなくては、と思いました。
2012-11-20 16:23 : 平川 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

平川

Author:平川


更新日:不定期(週1くらいかな)

【このブログは】
自分のしたい事、好きな事、為になる事を、二人の息子へ語りかける口調で書いています。

【もくじ】
過去に書いた手紙の一覧

【二人の息子へ】
なぜ手紙を書こうと思ったのか?

【プロフィール】
専門学校を卒業後、カラオケ機器の商社へ入社。平成14年に独立し、IT会社を興す。現在、福岡県在住。

【所属】
福岡県中小企業家同友会糸島支部
福岡県伊都倫理法人会

【好きなもの】
・100キロウォーク
・ランドナー
・魚釣り
・キャンプ
・温泉地めぐり
・音楽(パンクが好きな親父)

【嫌いな人】
電車でお年寄りや体の不自由な方に、席を譲らない人。

【家族】
嫁1人、子供2人の4人家族。
・竜之介(H12.10月生)
・凌太郎(H14.7月生)

【相互リンク】
相互リンクご希望の方は、コメント欄にご記入下さいませ。

【メール】
hirakawa@asam.jp

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去ログ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。