自分のしたい事、好きな事、為になる事を書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

80対20の法則。

【50通目の手紙】

11月に入ってから、めっきりと寒くなったね。
体調を壊さないように、気をつけたいと思う。

さて、今日の手紙は、「80対20の法則」について書いてみるよ。
別名、パレートの法則とも言うんだ。

お父さんは、前職時の上司より、この法則を教えてもらった。
そして、これに興味を持ち、関する書籍を読んだ。

人生を変える80対20の法則」(リチャード・コッチ著)

さて、80対20の法則とは、いったい何だろうか。
簡単に説明すると、次のように書いてある。

80対20の法則とは、投入、原因、努力のわずかな部分が、産出、結果、報酬の大きな部分をもたらすという法則である。たとえば、あなたが成し遂げる仕事の80%は、費やした時間の20%から生まれる。つまり、費やした時間の80%は、わずか20%の成果しか生まない。



言っていることは、とてもシンプルなんだ。
分かりやすく、説明してみるよ。

ここに月商、1000万円の会社があるとする。
成し遂げる仕事の80%とは、800万円。
費やした時間の20%とは、1ヶ月に25日間働くとするならば、その20%の5日間。

成し遂げる仕事の80%は、費やした時間の20%から生まれる。とするならば…
月商1000万円のうち800万円は、5日間の時間で稼いでいると言うこと。
逆にいえば、残り20日間の時間では、わずか200万円しか生んでいない。とも言える。

この数字は、あらゆるケースに当てはまるんだ。

売上げの80%を占めているのは、20%の製品。
つまり、売上げのほとんどは、ある製品に集中している。

また、売上げの80%は、上位20%の営業マンによってもたらされている。
つまり、売上げのほとんどは、トップ営業マンと言われる一部の人が稼いでいる。

この法則は、家庭でも、社会でも、職場でも、つねにはたらくと書いてある。

社会をみると、犯罪の80%を20%の犯罪者が占めている。交通事故の80%を20%のドライバーが占め、離婚件数の80%を20%の人たちが占め(この人たちが結婚と離婚を繰り返しているため、離婚率が実態以上に高くなっている。)、教育上の資格の80%を20%の人たちが占めている。
家庭をみると、カーペットの擦り切れる部分はだいたいいつも決まっていて、擦り切れる場所の80%は20%の部分に集中している。これは、衣類についても同じだろう。侵入者防止の警報装置があるとすれば、そのが誤作動する80%は、あらゆる問題のうちの20%が原因でおこる。



ここで重要なのは、80対20という数字じゃない。
原因と結果は、すべて不均衡だということ。

これを会社経営に応用すると、少ない資源で、最大級の結果を得られるようになる。

すると利益が上がれば上がるほど、経営者は、暇になっていく。
こんな不思議なことが起こりだす。

そのためには、資源である、人、時間、お金を、20%の重要な部分に集中させる。
小さい会社の経営者は、このことを常に意識した方がいい。

お父さんは、この本と出合って人生が変わった。

人の考え方を変えてしまうほどの書籍には、滅多に巡りあえない。
この本は、まぎれもなく、その1冊。

お父さんの発想の原点は、ここにあるんだ。
次回の手紙には、仕事における活用例を、具体的に書いてみるよ。

今日も一日に感謝。

-----------------------------------------------------
只今、ブログランキングに参加中。
1クリックで1票が入るシステムです。
「この手紙は参考になった。」と思った方は、クリックをお願いします。
応援クリックは、こちら( 人気blogランキングへ )です。
いつも、応援クリック、ありがとうございます!
-----------------------------------------------------

バックナンバーはこちら。

コメントや質問などございましたら、お気軽にどうぞ…。
なお平川は、大変打たれ弱いため、批判はご遠慮下さいね。



更新日:週2回(月曜、木曜)
2006-11-13 : 未分類 : コメント : 6 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

集中も怖いかな?
 アマゾンのようにロングテールで生きるという道もありますが やはり売れ筋は集中しますね。
きっと これが会社の強みの部分なのでしょうね。
だから強みにエネルギーを注いでその領域で一番を狙う事になります。
ただ お客様が80:20って言うのは 少々怖いものです。
あまりに集中すると効率が良い反面 主導権を握れなくなったりしますからね。
製品やサービスは集中して お客様は小口分散って言うのがベストかもしれませんね。
2006-11-13 13:36 : acb URL : 編集
Re:acbさん
>お客様は小口分散って言うのがベストかもしれませんね。
するどいコメントありがとうございます。
その通り、例えば、スポーツクラブのような経営は、会費制なため分散します。
一般的には、80:20とまではいかなくても、70:30とか65:35とか、やはり自然と不均衡となるようですね。
2006-11-13 16:13 : 平川 URL : 編集
こんばんは、ひろっち@呑助です。
いつもストンと腑に落ちる記事、ありがとうございます。
漠然とした理解しかしていなかった法則でしたが、「原因と結果は、すべて不均衡」というポイントを聞いて納得です。
さしずめ飲食業なら
「20%のメニューが80%の売上をつくる」
といったところでしょうか。
次回、仕事における活用例、楽しみです。
では、ぽちして帰ります!
2006-11-14 02:48 : 【素人が飲食店で独立・開業するアツいブログ】 URL : 編集
Re:ひろっち@呑助さん
>「20%のメニューが80%の売上をつくる」
>といったところでしょうか。
その通りですね。
大半の売り上げをしめる、その20%のメニューに特化すると、生産性が上がります。
そのような経営戦略のお店って、結構見かけますよね。
2006-11-14 07:10 : 平川 URL : 編集
こんにちは、西田です!
いつも訪問・コメントありがとうございます。
「80対20の法則」って不思議なぐらい当てはまりますよね~。
私自身の仕事に照らし合わせても、20パーセントの顧客が、80パーセントの売り上げを占めてますもんね~。
不思議です(笑)

時間・生産性なども重要な20%を意識して行動しようと思います。
ためになる記事をありがとうございました。
応援ぽちっと。
2006-11-14 12:26 : ゼロからの起業! URL : 編集
Re:西田さん
>時間・生産性なども重要な20%を意識して行動しようと思います。
ですね。
現在の行動は、重要な20%なのか、それとも重要でない80%なのか。
意識しながら行動するとこが大切だと思います。
2006-11-15 21:43 : 平川 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

平川

Author:平川


更新日:不定期(週1くらいかな)

【このブログは】
自分のしたい事、好きな事、為になる事を、二人の息子へ語りかける口調で書いています。

【もくじ】
過去に書いた手紙の一覧

【二人の息子へ】
なぜ手紙を書こうと思ったのか?

【プロフィール】
専門学校を卒業後、カラオケ機器の商社へ入社。平成14年に独立し、IT会社を興す。現在、福岡県在住。

【所属】
福岡県中小企業家同友会糸島支部
福岡県伊都倫理法人会

【好きなもの】
・100キロウォーク
・ランドナー
・魚釣り
・キャンプ
・温泉地めぐり
・音楽(パンクが好きな親父)

【嫌いな人】
電車でお年寄りや体の不自由な方に、席を譲らない人。

【家族】
嫁1人、子供2人の4人家族。
・竜之介(H12.10月生)
・凌太郎(H14.7月生)

【相互リンク】
相互リンクご希望の方は、コメント欄にご記入下さいませ。

【メール】
hirakawa@asam.jp

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去ログ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。