自分のしたい事、好きな事、為になる事を書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ゴールまでの最短の近道を探せ。

【52通目の手紙】

今日の手紙も、80対20の法則に関する事を書くよ。
この法則は、わずかな力で、最大限の結果を得ることが出来る。

20%のわずかな力【A】が、結果の80%を生み出す。
残り80%の力【B】では、結果の20%しか得られない。

(以下説明のため、20%のわずかな力をA、残り80%の力をBとする。)

ここで大切なのは、今、自分がしている仕事は、AなのかBなのかを意識すること。
これを意識せずして、仕事を進めてはいけないんだ。

特に、外回りが多い営業マンは、この意識が大切だよ。
そこで、営業マンにとってのAとは何だろうか。

それは、お客と商談している時間。
お客と商談している時間以外に、Aはない。
車での移動時間はもちろん、出張、営業会議、プレゼンの資料作り、これらは、すべてBである。

そこで、想像してごらん。
わずかな力で、最大限の結果を出すためには、どうしたらいいか。
そう、お客と商談している時間を増やし、それ以外の時間を減らすといいだけの話。

どんな方法があるだろうか。
なんでもいいから、思いつくことを書き出してみよう。

・ 車での移動をやめる。
・ 客先への訪問をやめる。
・ 外出は一切禁止とする。
・ お客と会わずして売る方法を考える。
・ 弊社へ来ていただく。
・ ファックス、電話、メールだけで売る方法を考える。
・ 出張はしない。
・ 無駄な会議やミーティングを無くす。
・ プレゼンはしない。
・ プレゼンは有料とする。

「そんなの無理だよ。」
そんな声が聞こえてきそうだね。

ほらほら、それで思考をストップさせてはいけない。
考えるだけならリスクは無いんだから、もっと深く考えてみよう。

いっそのこと、自社の商品を、お客と会わずして売れる商品にシフトするという手もあるぞ。
もしくは現在の販売方法を、通信販売に切り替えることは出来ないだろうか。
長い目で見ると、そちらの方が経営を安定させるかもしれないよ。

さらに、出張はしないと決める。
28通目の手紙、「お客に会いにいってはいけない。」でも書いたが、よほど重要な商談でない限り、出張はしないことにする。

その代わり、こちらが交通費や宿泊費を負担して、お客に来て頂くんだ。(これは、意外と喜んで頂けるぞ。)

こちらとしては、お客の出張費を負担しても、君の移動時間が浮くのでメリットがある。
浮いた時間で、君は他のお客と商談が出来る。
すると、本来Bであった時間が、Aの時間に変わることになるんだ。

こんな感じで、20%の重要な仕事を、徐々に増やしていく。
そして、この20%へ全神経、全資本を投入するんだ。

すると、わずかな力で、最大限の結果が出るようになる。
利益が上がれば上がるほど、君は暇になっていくという好循環が生まれだす。

お父さんは、この法則を別名、「美味しいとこ取りの法則。」と呼んでいるんだ。
美味しい部分だけを、サッと取っていく。
これって、いい呼び名だと思わないかい。(笑)

最後にずばり言おう。
この法則は、ゴールまで最短の近道で行ける方法なんだ。

今日も一日に感謝。

-----------------------------------------------------
只今、ブログランキングに参加中。
1クリックで1票が入るシステムです。
「この手紙は参考になった。」と思った方は、クリックをお願いします。
応援クリックは、こちら( 人気blogランキングへ )です。
いつも、応援クリック、ありがとうございます!
-----------------------------------------------------

バックナンバーはこちら。

コメントや質問などございましたら、お気軽にどうぞ…。
なお平川は、大変打たれ弱いため、批判はご遠慮下さいね。



更新日:週2回(月曜、木曜)
2006-11-20 : 未分類 : コメント : 7 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

ちゃぐまです。こんにちは。

わたしも時間管理にこの考え方を当てはめているつもりでしたが、こうして徹底して考えてはいませんでした。
大変勉強になります。
立場は違っても、成果を出すための活動はわずか20%の中にある、という考え方は全く同じだと思います。残り80%の時間をいかに減らすか、改めて考えてみたいと思います。

応援、押させていただきます。
2006-11-20 13:07 : ちゃぐま URL : 編集
Re:ちゃぐまさん
>残り80%の時間をいかに減らすか、改めて考えてみたいと思います。
意識して仕事をするだけでも、かなり行動に変化が起きると思います。
私の場合は、仕事が楽しくなりました。

2006-11-20 23:06 : 平川 URL : 編集
80対20の法則
19年前、長男が算数の練習問題を最後の3問だけしてできたからそれで良いという勉強法でした。3年前、この本を読みそうだったのかと小学生だった子供の分も分かってない自分にショックを受けた覚えがあります。
2006-11-21 14:32 : やどかり URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006-11-21 22:49 : : 編集
こんにちは!ひろっち@呑助です。

「知っている」「理解している」「用いている」「応用している」

一つの法則でもそれぞれの段階があるんだなぁ、と感心しました。
レパートの法則、お陰さまで理解までは出来ました。
しかしどう用いるか、どう応用するか、よく考えてみることにします。
では、また。応援ぽちくり!
2006-11-22 01:01 : 【素人が飲食店で独立・開業するアツいブログ】 URL : 編集
Re:ひろっち@呑助さん
飲食店の場合は、どんな応用になるのでしょうか。
もちろん、ひろっち@呑助さんもご存知でしょうが、売上げの80%を占める20%の時間帯やメニューに特化する。
また、上位20%の常連客にも特別なサービスをする。
と言ったところでしょうか。
2006-11-22 05:59 : 平川 URL : 編集
Re:やどかりさん
19年前のお子さんは、80対20の法則をご存知だったのでしょうか。
であれば、その勉強法は、すごいですね。
それこそ、美味しいとこ取りの勉強法です。
2006-11-22 23:19 : 平川 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

平川

Author:平川


更新日:不定期(週1くらいかな)

【このブログは】
自分のしたい事、好きな事、為になる事を、二人の息子へ語りかける口調で書いています。

【もくじ】
過去に書いた手紙の一覧

【二人の息子へ】
なぜ手紙を書こうと思ったのか?

【プロフィール】
専門学校を卒業後、カラオケ機器の商社へ入社。平成14年に独立し、IT会社を興す。現在、福岡県在住。

【所属】
福岡県中小企業家同友会糸島支部
福岡県伊都倫理法人会

【好きなもの】
・100キロウォーク
・ランドナー
・魚釣り
・キャンプ
・温泉地めぐり
・音楽(パンクが好きな親父)

【嫌いな人】
電車でお年寄りや体の不自由な方に、席を譲らない人。

【家族】
嫁1人、子供2人の4人家族。
・竜之介(H12.10月生)
・凌太郎(H14.7月生)

【相互リンク】
相互リンクご希望の方は、コメント欄にご記入下さいませ。

【メール】
hirakawa@asam.jp

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去ログ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。