自分のしたい事、好きな事、為になる事を書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

10人以下の会社は、名刺に肩書きを書かない。

【59通目の手紙】

今年は暖冬らしい。
福岡じゃ12月に雪は降らないって言ってたよ。
これも、地球温暖化の影響かな。
雪が降らないクリスマスも味気ないものだ。

今日の手紙は、肩書きの話。
そう、名刺に書いてあるだろう、専務、部長、次長、あの肩書きの話だ。

10人以下の会社は、代表取締役以外、名刺に肩書きを書くべきじゃない。
お父さんは、常々そう考えているんだ。

続きを読む前に、応援クリック( 人気blogランキングへ )をお願いします!

確かに肩書きを書くと、社員が沢山いる大きな会社と思われる気がする。
さらに仕事も取れそうな気がする。

代表取締役だけは、金融機関との付き合いもあり必要だが、それ以外は、名刺に肩書きを書くべきじゃないと考えている。

なぜなら、10人以下の会社は、若い社員が多いから。
若い社員に肩書きをつけると、仕事がやりづらくなる。

具体的に2つの理由を書いてみるよ。

1、 会社の規模が見透かされる。
2、 その場で決済を求められる。

1、会社の規模が見透かされる。

それは、お客の立場になって想像するとよく分かる。

目の前に、20代の営業マンがいるとするよ。
その営業マンの名刺には、専務といった肩書きが書いてあったとする。

お客は、その肩書きを見て、大きな会社や組織をイメージするだろうか。

その逆なんだね。
なぜなら、年齢と肩書きがちぐはぐなんだ。
だからお客は、その名刺から小さな会社をイメージする。
きっと部下のいない名前だけの専務なんだろうな。と勝手に想像する。

また、商談相手がご年配の方で、役職が係長だったらどうする。
これは、結構気まずいぞ。
専務という肩書きを見て、「若いのに立派ですね。」と皮肉を言われるのが落ちである。

会社の規模や環境が見透かされるんだ。

2、その場で決済を求められる。

商談時にお客から、その場での値引きを求められることがある。
君も経験あるだろう。

役職には、それなりの決裁権がある。
通常、専務ともなれば、ある程度、値引きの決裁権を持っているのもだ。

しかし、肩書きはあっても、まったく決裁権を持たない役職者は多い。
お客に、「その値引きは、一度社内に持ち帰りまして…」なんて言いづらいよ。

仮に決裁権を持っていたとしても、値引きは即答しない方がいい。
(このことは、34通目の手紙、値引きを即答してはいけない。に詳しく書いてある。是非もう一度読んで欲しいな。)

つまり、肩書きが商談の進行を邪魔することがあるんだ。

その対策として1つ提案がある。
お父さんは、サラリーマン時代、会社に無理を言って、肩書きの無い名刺も作ってもらっていた。

肩書きのある名刺と肩書きの無い名刺。
この2種類を持ち歩き、相手によって、渡す名刺を使い分けた。
もちろん、飛び込み営業をする時は、肩書きの無い名刺を使った。


どうだろう。
以上の理由により、10人以下の小さな会社、特に若い社員が多い会社は、あえて肩書きをつけない方がいいと思うんだ。

肩書きのない優秀な営業マン。
お父さんは、こんな方に出会うと、“きっと優秀な人材が豊富な会社(組織)なんだろうなぁ。”と想像してしまうよ。


追伸
そう言えば、先日、会社を設立したばかりと言う、若い方と名刺交換をした。
その方の肩書きには、CEO(最高経営責任者)と書いてあったよ。
なんだろう、CEOって。
テレビの影響かなんだか知らないが、普通に代表取締役でいいんじゃないのかな。

今日も一日に感謝。

-----------------------------------------------------
只今、ブログランキングに参加中。
1クリックで1票が入るシステムです。
「この手紙は参考になった。」と思った方は、クリックをお願いします。
応援クリックは、こちら( 人気blogランキングへ )です。
いつも、応援クリック、ありがとうございます!
-----------------------------------------------------

バックナンバーはこちら。

コメントや質問などございましたら、お気軽にどうぞ…。
なお、コメントへのご返信は、ブログへ訪問していたします。
平川は、大変打たれ弱いため、批判はご遠慮下さいね。



更新日:週2回(月曜、木曜)
2006-12-14 : 未分類 : コメント : 13 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

ちゃぐまです。こんにちは。
わたしの周りでも、30台そこそこで「副部長」の肩書きの方がいて、どんなにすごいんだろう?とお話すると、「この件は社に持ち帰りまして・・・」と二言めには言われるので、がくっと来た覚えがあります。
会社を作るうえでは気をつけなければならないことですね。勉強になります。
2006-12-14 11:57 : ちゃぐま URL : 編集
>肩書きには、CEO(最高経営責任者)と書いてあったよ

 実質ふたりでやっているような会社の方から、そうい
う名刺をいただいたことがあります。何か、必死に大き
く見せようとする違和感を感じました。

 しかし、私も他人から見れば違和感の塊かもしれませ
ん。自分で気をつけないと。

2006-12-15 07:10 : 税理士(゜д゜)福岡 URL : 編集
CEO
いつも勉強になるお話をありがとう御座います。
アメリカでは会社の所有と経営を分離して考える傾向にあり「会社は社長のものではなく株主のもの」という意識が強いそうです。
CEOと書く理由は、そういった意識を持っているという表現であると個人的には思っています。
2006-12-15 11:51 : ヨネちゃん URL : 編集
Re:ちゃぐまさん
肩書きに期待するがあまり、その方の対応にギャップがありすぎるんですね。
このケースは悪いケース。
気をつけたいものです。

Re:税理士(゜д゜)福岡さん
肩書きで仕事しちゃいけませんね。
私も気をつけます。
それにしても、税理士(゜д゜)福岡さんのブログは、いつ見ても面白いです。
隠れファンです。

Re:ヨネちゃんさん
CEOって、そう言った理由があるんですね。
知りませんでした。
という事は、非上場会社で、社長=株主の場合は、CEOと書くとその意味合いから少々外れると言うことですね。
2006-12-15 14:08 : 平川 URL : 編集
お疲れ様です。
お会いして、早いもので1年ほど経つんですね。こちらこそ、宜しくお願い致します。楽しく読ませて頂きました。
確かに、肩書きにこだわる人はいますね。
ある程度の会社だと、代表だけで良いと思います。
2006-12-15 22:55 : ペット工房 URL : 編集
こんばんは、西田です。
いつも応援・コメントありがとうございます。

私も昔、部下もいないのに係長になったことがあります。(笑)

意味ないから、名刺から外してもらいましたが・・・。

記事に書いてある通りだと思いました。
応援ぽちっと。
2006-12-16 03:20 : ゼロからの起業! URL : 編集
肩書き
ブログ、毎回楽しみに読ませてもらっています。
私も20代の頃、課長なんて肩書きをつけられて困った経験があります。
同じ課の人たちとは年齢も近かったし、リーダーくらいの役割でした。
あれは社長の見栄だったんだろうか…?と、今にして思えばそんな気がします。
2006-12-17 02:05 : くまあき URL : 編集
Re:ペット工房さん
栢野さんが世界旅行に行ってから、もう8ヶ月がたちました。
早いものですね。
やる気会が再開されたら、ぜひお会いしましょう。
また楽しいお話を聞かせて下さい。

Re:西田さん
部下のいない役職者。
皆さん、経験されているのですね。
責任あって権限なしとは、まさにこのことです。

Re:くまあきさん
課がないのに課長なんてケースもあります。(笑)
とにかく社長は、役職をつけるのが好きなんですね。
同時に権限も与えてくれよ。って言いたくなります。


2006-12-17 05:32 : 平川 URL : 編集
主任クラスまで。
うちは、10人居ません。
だから、肩書きは40代後半の工事部長と、50台半ばの営業部長以外は主任です。
所有資格に応じて肩書きナシ、担当、主任なんですが、みんな主任クラスまで上り詰めちゃって(笑)
2006-12-21 10:57 : 植月 URL : 編集
当店でも名刺を個人で作られる方で、役職をどうするか悩まれる方が多いです。
作るほうも、作られる方も迷って決めますね。

リンクよろしければお願いしたいです
2008-10-05 13:32 : はんこ家はん造六方店 URL : 編集
名刺のイメージ
昨年12月民生委員児童委員を委嘱され、市から名刺1箱をもらいました。
それは縦型、白地にモノクロ正楷書体の昔ながらのオーソドックスなものでした。

蓋をあけた瞬間、やぁー古いなーこれは。ひと昔もふた昔も前の感じだよ。いまこのような名刺を使っている人って、大会社のえらい人か、一部の議員さんくらいしかいないんじゃないの。 
と少しショックを受けるとともに、なんだか自分も偉くなったような気分になりました。 

この名刺は小生が持つ現在おかれている民生委員児童委員のイメージから大分ずれているなぁーと思ったのです。

手にした瞬間、少なからず威厳を感じさせ、偉い人と思わせる雰囲気があって、自分にはそぐわないと思い、この名刺は使わないことに決めました。

そこで自前でパソコンで作ることにしました。
横型にすることは決めましたが、フォントや肩書きを考えていたところに、この「10人以下の会社は、名刺に肩書きを書かない。」に出会いました。大変教えられるところがあります。

自分が会社員時代のとき、肩書きが「主任」「係長」「副長」「課長」と上がって行くときはひとり喜びを感じていましたが、名刺を受け取る側のことを、このように深く考えたことはありませんでした。

目を開かせていただきすっきりとした気分になりました。有難うございました。
2011-02-03 11:40 : 無花果 URL : 編集
なるほど
なるほど。私も肩書き無しで行きたいと思いました。m(_ _)m
2013-09-04 09:04 : KEI URL : 編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-04-27 22:53 : : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

平川

Author:平川


更新日:不定期(週1くらいかな)

【このブログは】
自分のしたい事、好きな事、為になる事を、二人の息子へ語りかける口調で書いています。

【もくじ】
過去に書いた手紙の一覧

【二人の息子へ】
なぜ手紙を書こうと思ったのか?

【プロフィール】
専門学校を卒業後、カラオケ機器の商社へ入社。平成14年に独立し、IT会社を興す。現在、福岡県在住。

【所属】
福岡県中小企業家同友会糸島支部
福岡県伊都倫理法人会

【好きなもの】
・100キロウォーク
・ランドナー
・魚釣り
・キャンプ
・温泉地めぐり
・音楽(パンクが好きな親父)

【嫌いな人】
電車でお年寄りや体の不自由な方に、席を譲らない人。

【家族】
嫁1人、子供2人の4人家族。
・竜之介(H12.10月生)
・凌太郎(H14.7月生)

【相互リンク】
相互リンクご希望の方は、コメント欄にご記入下さいませ。

【メール】
hirakawa@asam.jp

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去ログ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。