自分のしたい事、好きな事、為になる事を書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

もっとも難しいのは集客だ。

【7通目の手紙】

商売において、もっとも難しいのは集客だ。
集客とは、効率よく見込み客を集めること。

では、なぜ、この集客が難しいのか。
それは、効率よく集めることが前提だからだ。
効率よくとは、“費用をかけずに”ということ。

費用をかければ、誰でも集客は簡単にできる。
営業マンを雇い、CMやチラシを派手にやればいいからだ。

しかし、それでは、まったく採算があわない。
君が想像する以上に、“効率よく見込み客を集める。”ということは、非常に難しいことなのだ。

結果、集客ができなければ、どんなに良い商品でも売れないということになる。
どんなにすばらしい技術や商品を持っていても、物が売れず困っている会社があるが、その原因はここにある。

以上のように、商品を先に考え、集客を後回しにすると、君は高いリスクを背負うことになる。
「商品が安くて良ければ、きっと売れるはずだ。」などと妄想を抱いてはいけない。
そんなに集客は甘くない。

では、どうするといいのか。
実は簡単で、集客を先に考えるといいだけの話。
発想を逆にするだけで、君はかなりのリスクを回避できることになる。

まず、すでに集客できている市場を見つけよう。
もしくは、効率よく集客できる方法を考えよう。
そして、そこに集まっているお客へ、何が欲しいのかを尋ねてみる。
これが重要。

欲しがっている商品が分かったら、その市場で売るだけの話。
結果、飛ぶように売れる。リスクは極めて低い。

極端な例だが、カキ氷を売りたいと思ったら、ほとんどの人が、お店を開いてから、お客を呼ぼうとする。
残念だがこれじゃ、なかなか売れないし、リスクが高い。

逆に、先日、花火大会に行った時のカキ氷屋さんを思い出してごらん。
花火大会に集まった人に、カキ氷を売る。
これは、間違いなく売れる。

この発想は、ホームページを運営する上でも重要なことだ。
まずは、集客ありき。
商品ではない。

この発想で、商売を組み立てるクセをつけて欲しい、とお父さんは思う。

-----------------------------------------------------
「この手紙は面白かった!」と思った方は、ぜひクリックお願いします!
人気blogランキングへ
2006-08-12 : 未分類 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

本当に良いお父さんですね
ブログ開設おめでとう御座います。
私の父親は薬品会社の研究員をしており、営業とは無縁の人でした。
私も子供の頃から商売には全く興味がなかったのですが、
働き始めてその大切さに気付かされました。
若い時にカラオケ機器のメンテナンスをアルバイトでやっていたことがありまして、
なかなか他人と思えない存在なんですよね。
2006-08-13 14:31 : ヨネちゃん URL : 編集
ありがとうございます!
コメントありがとうございます!
子供が大きくなった時、どう受け取るか分かりませんが、何か形に残したくてブログを始めました。
今後とも宜しくお願いいたします!
2006-08-13 22:02 : アサム URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

平川

Author:平川


更新日:不定期(週1くらいかな)

【このブログは】
自分のしたい事、好きな事、為になる事を、二人の息子へ語りかける口調で書いています。

【もくじ】
過去に書いた手紙の一覧

【二人の息子へ】
なぜ手紙を書こうと思ったのか?

【プロフィール】
専門学校を卒業後、カラオケ機器の商社へ入社。平成14年に独立し、IT会社を興す。現在、福岡県在住。

【所属】
福岡県中小企業家同友会糸島支部
福岡県伊都倫理法人会

【好きなもの】
・100キロウォーク
・ランドナー
・魚釣り
・キャンプ
・温泉地めぐり
・音楽(パンクが好きな親父)

【嫌いな人】
電車でお年寄りや体の不自由な方に、席を譲らない人。

【家族】
嫁1人、子供2人の4人家族。
・竜之介(H12.10月生)
・凌太郎(H14.7月生)

【相互リンク】
相互リンクご希望の方は、コメント欄にご記入下さいませ。

【メール】
hirakawa@asam.jp

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去ログ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。