自分のしたい事、好きな事、為になる事を書きます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

営業は遊び感覚で取り組もう。

【9通目の手紙】

お父さんは、営業はゲームだと思う。
いかにして、他社よりシェアを取れるかを競い合う、陣取りゲームみたいなものだ。
だから、あまり真面目すぎずに取り組んだほうが良い。
営業は、遊び感覚が大切だ。

お父さんが22歳、入社したてのころの話だ。
実は、お父さんは、飛び込み営業が大嫌いだった。
毎晩、カラオケを売り込むためスナックに飛び込む訳だが、門前払いが続くと、どこかに逃げ出したくなる心境だった。

そのため、営業は向かないんじゃないかと真剣に悩んでいた。
そんな時、ある方法を思いついたんだ。

それは、名刺を30枚だけ持ち、飛び込みをするということ。
29枚でもなく31枚でもなく、きっちり30枚。

この名刺が無くなるまでは、会社に帰らないと、自分自身にルールを作ったんだ。
すると、不思議なことに、飛び込み営業が苦痛でなくなった。
つまり、20枚、10枚、5枚と次第になくなっていく名刺を見て、何かゲームをしているかのごとく楽しくなったんだ。

本来の営業目的とは、多少ずれるが、悩んでいたお父さんにとっては、とても有効な方法だった。
その結果、へたな鉄砲も数打ちゃ当たる。で契約が取れだしたんだ。

以来、営業は遊び感覚が大切だ。という事に気がつき積極的に取り入れた。
すると、視野が広がり、面白い発想がどんどん出てきた。

たまには、度が過ぎて上司から怒られることもあったが、そんなことはまったく気にしなかった。

君も社会人になったら、仕事に遊び感覚を取り込んでみよう。
ぐーんと視野が広がるぞ。

-----------------------------------------------------
「この手紙は面白かった!」と思った方は、ぜひクリックお願いします!
人気blogランキングへ
2006-08-19 : 未分類 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

No title
『20枚、10枚、5枚と次第になくなっていく名刺を見て、何かゲームをしているかのごとく楽しくなったんだ。』
すごく共感しました。
何かをするには小さくてもいい何かを目指す事が一番いいと私は思っています。
たまたま拝見させて頂きましたが、すべて読ませて頂こうと思いますのでよろしくお願いします。
2012-03-02 11:22 : 藤本 大輔 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

平川

Author:平川


更新日:不定期(週1くらいかな)

【このブログは】
自分のしたい事、好きな事、為になる事を、二人の息子へ語りかける口調で書いています。

【もくじ】
過去に書いた手紙の一覧

【二人の息子へ】
なぜ手紙を書こうと思ったのか?

【プロフィール】
専門学校を卒業後、カラオケ機器の商社へ入社。平成14年に独立し、IT会社を興す。現在、福岡県在住。

【所属】
福岡県中小企業家同友会糸島支部
福岡県伊都倫理法人会

【好きなもの】
・100キロウォーク
・ランドナー
・魚釣り
・キャンプ
・温泉地めぐり
・音楽(パンクが好きな親父)

【嫌いな人】
電車でお年寄りや体の不自由な方に、席を譲らない人。

【家族】
嫁1人、子供2人の4人家族。
・竜之介(H12.10月生)
・凌太郎(H14.7月生)

【相互リンク】
相互リンクご希望の方は、コメント欄にご記入下さいませ。

【メール】
hirakawa@asam.jp

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

過去ログ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。